猫の足あとによる海老名市・綾瀬市の寺院、神社など海老名市・綾瀬市の寺社案内 猫の足あとによる海老名市・綾瀬市の寺院、神社など海老名市・綾瀬市の寺社案内
猫の足あと

海老名市・綾瀬市の寺社|海老名市・綾瀬市の寺院・神社

海老名市・綾瀬市の寺社概観

海老名市・綾瀬市は、奈良時代相模国と呼ばれた地域の中でも最も古くより拓けた地の一つです。天平年間(奈良時代)に相模国国分寺・国分尼寺が創建されたと伝えられ、現在も国分寺に法灯が伝えられます。また、相模国五ノ宮に比定される有鹿神社など多くの名刹寺社があります。

海老名市・綾瀬市で江戸時代に御朱印状を拝領した寺社

五社神社(慶安2年13石)
綾瀬市早川1603
宗珪寺(慶安2年12石)
海老名市下今泉1-22-1(河原口38)
総持院(天正19年10石)
海老名市河原口63
長泉寺(慶安2年10石)
綾瀬市早川3146
常在寺(慶安2年9石1斗)
海老名市社家3746
海源寺(慶安2年9石)
海老名市中新田1-1-22
報恩寺(慶安2年8石)
綾瀬市寺尾南2-10-1
神明社(慶安2年8石)
海老名市大谷北2-13-22
長竜寺(慶安2年8石)
綾瀬市深谷中4-3-1

海老名市・綾瀬市の古社

国分寺(天平9年創建)
海老名市国分南1-25-38
有鹿神社(郷社、相模国五ノ宮)
海老名市上郷2791