猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あと

大井鹿島神社|品川区大井の神社、大井村鎮守、江戸郊外三大相撲

大井鹿島神社の概要

大井鹿島神社は、品川区大井にある鹿島神社です。大井鹿島神社は、安和2年(969)に常陸の鹿島明神を勧請し創建したと伝えられます。古くからの祭礼として相撲が奉納されており、当社の相撲は、渋谷氷川神社世田谷八幡宮とともに江戸郊外三大相撲の一つとされていました。

大井鹿島神社
大井鹿島神社の概要
社号 鹿島神社
祭神 武甕槌神
配祀 -
境内社 三峯神社、金刀比羅神社、天祖神社、八幡神社、稲荷神社、水神社(境外)
住所 品川区大井6-18-36
備考 大井村鎮守



大井鹿島神社の由緒

大井鹿島神社は、安和2年(969)に常陸の鹿島明神を勧請し創建したと伝えられます。古くからの祭礼として相撲が奉納されており、当社の相撲は、渋谷氷川神社世田谷八幡宮とともに江戸郊外三大相撲の一つとされていました。

「品川区の文化財」による大井鹿島神社の由緒

安和2年(969)に常陸の鹿島明神を勧請したものが当社の始まりと伝えているが明らかでない。
当社の祭礼には古くから大井の村民によって相撲が奉納される。この行事はかなり古くから行われていた様であるが、文化14年(1817)に一時中断し、のち弘化4年(1847)に時の大井村名主大野貫蔵が代官に願出て復興した。(「品川区の文化財」より)

新編武蔵風土記稿による大井鹿島神社の由緒

鹿島社
除地1段4畝、村の南方にあり、当村の鎮守なり。相傳ふ安和2年の頃常陸国鹿島明神を勧請せりと。
本社9尺四方拝殿7間に6間半。前に石の鳥居あり、柱間9尺許、拝殿の西北に2間に2間半の神楽堂あり。豊歳を祈んがため毎年6月仲村民こぞりて神楽を奏す。9月15日にも神事ありといふ。
末社。
稲荷社、弁天社。共に本社の側にあり。(新編武蔵風土記稿より)


大井鹿島神社の周辺図


大きな地図で見る

安産・七五三祈願

天祖・諏訪神社