猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あと

水神社|品川区南大井の神社

水神社の概要

水神社は、鹿島神社の境外末社で、社殿はなく、溶岩を積み上げた洞窟の中にあります、大井村の人、桜井伊兵衛、大野忠左衛門が願主となって九頭竜権現社として創建したといわれています。

水神社
水神社の概要
社号 水神社
祭神 水波能売命
相殿 -
境内社 稲荷社
住所 品川区南大井5-14-19
備考 鹿島神社の境外末社



水神社の由緒

水神社は、大井村の人、桜井伊兵衛、大野忠左衛門が願主となって九頭竜権現社として創建したといわれています。

「品川区の文化財」による水神社の由緒

貞享2年(1685)に大井村の人、桜井伊兵衛、大野忠左衛門が願主となって当社を創建したといわれている。恐らく旱魃を避けるため水の神を勧請したものであろう。
当社には柳の清水と呼ばれる湧き水があって、大井の村民がこの水を汲んで雨乞いをしたといわれている。また当社は歯痛を止める利益があるといわれている。(「品川区の文化財」より)


水神社所蔵の文化財

  • 大井の水神(品川区指定史跡)

大井の水神(品川区指定史跡)

貞享2年(1685)に大井村の人、桜井伊兵衛、大野忠左衛門が願主となって当社を創建したといわれている。恐らく旱魃を避けるため水の神を勧請したものであろう。
当社には柳の清水と呼ばれる湧き水があって、大井の村民がこの水を汲んで雨乞いをしたといわれている。また当社は歯痛を止める利益があるといわれている。(「品川区の文化財」より)

水神社の周辺図


大きな地図で見る


安産・七五三祈願

天祖・諏訪神社