猫の足あとによる渋谷区の寺院、神社など渋谷区の寺社案内 猫の足あとによる渋谷区の寺院、神社など渋谷区の寺社案内
猫の足あと

古碧山龍巌寺|渋谷区神宮前にある臨済宗南禅寺派寺院

龍巌寺の概要

臨済宗南禅寺派寺院の龍巌寺は、古碧山と号します。龍巌寺は、名主半右衛門が居宅を捨てて一寺となし、喚室(元和8年1622年寂)を開山に迎えて寛永7年(1630)創建したといいます。御府内八十八ヶ所霊場9番札所です。

龍巌寺
龍巌寺の概要
山号 古碧山
院号 -
寺号 龍巌寺
本尊 釈迦如来像
宗派 臨済宗南禅寺派
住所 渋谷区神宮前2-3-8
葬儀・墓地 -
備考 御府内八十八ヶ所霊場9番



龍巌寺の縁起

龍巌寺は、名主半右衛門が居宅を捨てて一寺となし、喚室(元和8年1622年寂)を開山に迎えて寛永7年(1630)創建したといいます。峻翁令山禅師は武蔵國秩父郡出身で寂後に勅号(天皇よりの法名命名)を賜り法光円明国師と呼ばれた高僧名僧で、本山兜率山廣園寺、児玉郡威音山光厳寺、深谷常興山國済寺どを開山しています。

新編武蔵風土記稿による龍巌寺の縁起

(原宿村)龍岩寺
禅宗臨済派古碧山と號す、多磨郡由井領山田村廣園寺末、本尊釈迦、脇士文殊、普賢を安す、相傳ふ、境内昔は名主半右衛門か屋敷にて鎮守弁天社あり、側に小庵を建て喚室と云僧をして住せしめしか、慶長七年遂に宅を捨て寺とす、依て喚室を開山とすと寺傳にいへり、鐘銘に掾は、御入国以前よりの寺なりと載す、何れか是なるや喚室は元和八年十一月二十四日寂す。
辨天社。地主の神なり。
天満宮。往古は木立像なりしと、今木札に神號を記し、裏に来由を載す、其略に源義家此所にて出陣の連句を催し、社前に納む、依て句寄の天神と號すと。稲荷を合祀せり。
日吉山王社。是も神號を記せし木札の裏に、往古は當村千駄谷村境榎樹の下に勧請ありしを、寛永中当寺第三世明叟の時ここに移すと云。
圓座松。砌下にあり、囲み四尺許、根上一尺許を隔て四方へ蟠延す、大さ東西七間餘、南北六間半、其状圓坐を敷たる如くなれは此名あり、初栽せしより凡九十年に及ふと云ふ、
鐘楼。元禄十一年鋳造の鐘をかく。(新編武蔵風土記稿より)


龍巌寺の周辺図


大きな地図で見る

会社設立・起業サポートセンター

経営革新等支援期間

梅本会計事務所