猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

本遠寺。川崎市宮前区にある日蓮宗寺院

本遠寺の概要

日蓮宗寺院の本遠寺は、初芳山と号します。本遠寺は、僧日受が永禄2年(1559)に創建、天正10年(1582)に下菅生村の横山七右衛門、上菅生村の石巻三之助等の助力を得て日安上人の代に堂宇を造立、天正19年(1591)徳川家康より境内地の年貢免除を受けたいいます。

本遠寺
本遠寺の概要
山号 初芳山
院号 -
寺号 本遠寺
住所 川崎市宮前区初山1-2-1
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



本遠寺の縁起

本遠寺は、僧日受が永禄2年(1559)に創建、天正10年(1582)に下菅生村の横山七右衛門、上菅生村の石巻三之助等の助力を得て日安上人の代に堂宇を造立、天正19年(1591)徳川家康より境内地の年貢免除を受けたいいます。

新編武蔵風土記稿による本遠寺の縁起

(下菅生村)本遠寺
字初山にあり、日蓮宗荏原郡池上本門寺末なり、初芳山と號す當寺起立の事實を尋るに、永禄二年に僧日受造立す、此人六年の間住職し、同七年三月朔日寂せし後は八年の間継續の僧もなかりしが、元亀元年に至りて身延山第十六世日新の弟子日立と云人入院せり、この後天正十年九月日安住職の時當村の人横山七右衛門、上菅生村の人石巻三之助等、かの僧に歸依し、力を合せて堂宇を造立せり、御入國の後天正十九年境内の地を免除せらる、その地は三十五間に二十八間ありしとぞ、日安の弟子日慶、慶長十八年十一月入院の後、境内のせはきを嘆き、地をそへたまはらんことを七度に及ぶまで願ひあげしかば、松平伊豆守信綱これをとりつきてやうやくみゆるしをうけ、七十七間に三十七間の添地を賜はりしもの今の境内なり、客殿五間半に六間巽向なり、本尊三寳祖師作しれす。(新編武蔵風土記稿より)


本遠寺の周辺図