猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

善正寺。川崎市麻生区にある日蓮宗寺院

善正寺の概要

日蓮宗寺院の善正寺は、妙永山と号します。善正寺は、大熊修理亮の先祖善正日中(永正2年1505年卒)が開基となり、その室妙永日昌(天文元年1532年卒)が、善覺院日秀(永正17年1520年寂)を開山に迎えて、大熊修理亮の屋敷跡に創建したといいます。

善正寺
善正寺の概要
山号 妙永山
院号 -
寺号 善正寺
住所 川崎市麻生区片平5-3-11
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



善正寺の縁起

善正寺は、大熊修理亮の先祖善正日中(永正2年1505年卒)が開基となり、その室妙永日昌(天文元年1532年卒)が、善覺院日秀(永正17年1520年寂)を開山に迎えて、大熊修理亮の屋敷跡に創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による善正寺の縁起

(片平村)善正寺
除地、二百五十坪、村の南の方にあり、日蓮宗、相模國鎌倉郡比企谷妙本寺末なり、妙永山と號す、開山は善覺院日秀、永正十七年十月十二日寂す、開基善正日中は、元當村を領して、北條家に仕へし大熊修理亮が先祖なり、永正二年二月十五日卒す、妙永日昌は開基善正日中が室にて、天文元年四月八日卒す、客殿六間半に五間南向なり、本尊三寶永五寸ばかりなるを安す、もとは此寺地大熊修理亮屋敷趾なりと云。
番神堂。本堂に向て左にあり一間半四方の堂なり。(新編武蔵風土記稿より)


善正寺の周辺図