猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

新小岩香取神社|江戸川区中央にある神社、旧西小松川村鎮守、間々井の宮

新小岩香取神社の概要

新小岩香取神社は、江戸川区中央にある香取神社です。新小岩香取神社の創建年代は不詳ですが、昔この辺一帯が芦原で船が自由に往来できた頃、その中に浮かぶ道ヶ島(堂ヶ島)という小高い島に、下総の香取大神宮より経津主命の分霊を祀ったのが、香取神社勧請の由緒といわれます。元和三年(1617年)に再建、西小松川村の鎮守でした。明治時代以降、近隣の神社を当社に合祀、また数多くの神社の兼務を行っています。

新小岩香取神社
新小岩香取神社の概要
社号 香取神社
祭神 経津主命
相殿 -
末社 稲荷神社、鷲神社、道祖神、水神社、大雷神
住所 江戸川区中央4-5-23
備考 -



新小岩香取神社の縁起

新小岩香取神社の創建年代は不詳ですが、昔この辺一帯が芦原で船が自由に往来できた頃、その中に浮かぶ道ヶ島という小高い島に、下総の香取大神宮より経津主命の分霊を祀ったのが、香取神社勧請の由緒といわれます。元和三年(1617年)に再建、西小松川村の鎮守でした。明治時代以降、近隣の神社を当社に合祀、また数多くの神社の兼務を行っています。

江戸川区教育委員会掲示による新小岩香取神社の縁起

旧西小松川村の鎮守である。昔この辺一帯が芦原で船が自由に往来できた頃、その中に浮かぶ道ヶ島という小高い島に、下総の香取大神宮より経津主命の分霊を祀ったのが、香取神社勧請の由緒といわれる。当時国府台間々の入江から、武蔵国上野の台地に向かう船は、この神社の森を船路の目安としたので、間々井宮と称したと伝えられている。
この社は元和5年(1619)の棟札を所蔵する古社で、亀井和泉守源永好以来代々亀井家が神宮をつとめ、葛西領開拓神秘歌とその舞いを伝えている。現在の本殿は総欅造りで、氏子大工牧野八郎次が十年の歳月を費やし、天保4年(1833)に竣工した建物である。
境内には松尾芭蕉の「秋に添うて行かばや末は小松川」の句を刻んだ碑が建っている。(江戸川区教育委員会掲示より)

東京都神社名鑑による新小岩香取神社の縁起

この地往古武蔵国駿河台と下総国、国府台を結ぶ船路の目安としての小島であり、名を道ケ島と呼んだ。亀井和泉は元和三年(一六一七)この島を開拓し、藤原の祖神を勧請して一社を建立し、間々井神社と称し、村の総鎮守とした。天保年間(一八三〇-四四)にはいり、氏子五分一なる棟梁牧野八郎次により、十年の歳月を経て、壮厳なる現在の本殿が建立された。将軍鷹狩の折は膳所を置き、小松菜の由来を伝える。天明(一七八一-九)の洪水は、多くの穀類及び人馬・古文書類を流失したが、亀井家の口碑によって、往古の由緒を伝えている。神社境内は桜の名所、近くに小松川親水公園がある。(東京都神社名鑑より)


新小岩香取神社の境内社

稲荷神社

稲荷神社は「トヨウケヒメノミコト」をお祀り致し、当社は俗に「アリマイナリ」と申されて居ります。昔は今の松島3丁目27番にお祀りされて居りましたが、土地整理の為、境内に移転となりました。
例年初午を例祭と致し、稲荷講の行事がありまして、各村々の子供達が参加して一夜を楽しみました。
現在、祭典は3月1日道祖神と共に行われます。産業発展の神として日本全国各地にもお祀りされて居ります。(境内掲示より)

鷲神社

大鳥神社とも称し、祭神は「ヤマトタケルノミコト」です。例年11月酉日に「新小岩のおとり様」と多くの信者に親しまれて盛大なお祭が行われます。
境内では、福熊手(かっこめ)の授与があり、参拝者の家々の隆盛、商売繁盛をお守り致します。
酉祭の末日には、伝統の暮目の舜神楽が奉納され福御縁の授与が行われます。(境内掲示より)

道祖神

当神社の道祖神は「猿田彦の命」をお祀りしてあります。この村が創立した頃より、昭和35年頃迄現在の松島2丁目10番の地に鎮座されて居りましたが、土地整理の為当社の境内に移転になりました。
通行人の道を守ることと、村に悪霊の侵入を防ぐ為に祀られましたが、後に人体の筋を守ることも、この神様が司り、目、耳、足、腰の筋をお守りして居ります。
草履や食器の中に穴を空け、道祖神に奉納してその快復をお祈り致します。体の悪い部分をよく撫でて参拝してください。
又、お正月の「どんど焼き」は「どうそじん焼き」からの行事です。その他、道ヶ島の旧地名等も「道祖が島」から転じた地名とも思われます。(境内掲示より)

水神社

水神社は「ミヅハメノミコト」をお祀りし、昔より現在の松島3丁目26番に永くお祀りされておりました。
土地の整理の為、昭和35年に当神社境内に移転となりました。6月15日は、昔より祭日に定められて居りまして、農業の水利と船の安全を祈る祭として盛大な祭が行われて居りました。
平成元年より、上一之江大雷神と共に合同祭が執り行われます。(境内掲示より)


新小岩香取神社の兼務社

新小岩香取神社の周辺図


大きな地図で見る