猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

関原八幡神社|足立区関原の神社

関原八幡神社の概要

関原八幡神社は、足立区関原にある八幡神社です。関原八幡神社は、大聖寺の守護神として創建、明治3年(1870)当地へ移転したといいます。

関原八幡神社
関原八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 誉田別命
相殿 -
境内社 -
住所 足立区関原2-35
備考 -



関原八幡神社の由緒

関原八幡神社は、大聖寺の守護神として創建、明治3年(1870)当地へ移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による関原八幡神社の由緒

(本木村)八幡社二宇
一は吉祥院持、一は大聖院持なり。(新編武蔵風土記稿より)

「ブックレット足立風土記西新井地区」による関原八幡神社の由緒

八幡神社(関原2−35)
商店街に面した神社で、鳥居には八幡神社の額が掲げられています。木造の社殿を持ち、誉田別命を祀っています。江戸時代までは大聖寺の守り神で、本堂の西側にありました。しかし、明治の神仏分離令によって1870(明治3)年、現在地に移転しました。境内には、1861(万延2)年3月と刻まれた盥漱石(手水鉢)や狛犬、保存樹となっているけやきの木などがあります。(「ブックレット足立風土記西新井地区」より)


関原八幡神社の周辺図


大きな地図で見る