猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

二ツ橋神明社|横浜市瀬谷区二ツ橋町の神社

二ツ橋神明社の概要

二ツ橋神明社は、横浜市瀬谷区二ツ橋町にある神明社です。二ツ橋神明社の創建年代は不詳ですが、鎌倉鶴岡八幡宮の榊の苗を植えて祀っていたものを、享保10年(1725)に伊勢神宮より御神体を受け、祀るようになったといいます。明治時代に二ツ橋字広町にあった天王社を合祀しています。

二ツ橋神明社
二ツ橋神明社の概要
社号 神明社
祭神 天照大神・素盞嗚尊
相殿 -
境内社 -
住所 横浜市瀬谷区二ツ橋町298
祭日 例大祭8月最終土曜日
備考 -



二ツ橋神明社の由緒

二ツ橋神明社の創建年代は不詳ですが、鎌倉鶴岡八幡宮の榊の苗を植えて祀っていたものを、享保10年(1725)に伊勢神宮より御神体を受け、祀るようになったといいます。明治時代に二ツ橋字広町にあった天王社を合祀しています。

新編相模国風土記稿による二ツ橋神明社の由緒

(瀬谷野新田)
神明宮
村の鎮守とす、村持下同
天王社(新編相模国風土記稿より)

神奈川県神社誌による二ツ橋神明社の由緒

享保の頃は鎌倉鶴岡八幡宮の榊の苗を植え拝していたものを、後石造の御神体を斎った詞をつくり、天照大神として祭祀を行って来たものである。(神奈川県神社誌より)

瀬谷区役所掲示による二ツ橋神明社の由緒

二ツ橋神明社は、昔、榊の古木を御神体とし、村の鎮護を祈っていたと言い伝えられています。江戸時代の享保10年(1725年)、伊勢神宮より御神体を受け、榊は後代永く御神木として祭られているそうです。
明治時代にはいり、二ツ橋字広町にあった天王社を合祀して、現在に至っています。祭神は天照大神・素盞嗚尊です。(瀬谷区役所掲示よより)


二ツ橋神明社の周辺図


大きな地図で見る


いずみ中央歯科医院