猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

蔵王高根神社|横浜市保土ケ谷区坂本町の神社

蔵王高根神社の概要

蔵王高根神社は、横浜市保土ケ谷区坂本町にある神社です。蔵王高根神社の創建年代等は不詳ながら、古くから坂本村に蔵王社と高根社の二社が鎮座、両社は明治43年仏向杉山社に合祀されたものの、昭和24年に復祀して奉斎したといいます。

蔵王高根神社
蔵王高根神社の概要
社号 蔵王高根神社
祭神 大山祇命
相殿 高木神
境内社 -
住所 横浜市保土ケ谷区坂本町140
祭日 -
備考 -



蔵王高根神社の由緒

蔵王高根神社の創建年代等は不詳ながら、古くから坂本村に蔵王社と高根社の二社が鎮座、両社は明治43年仏向杉山社に合祀されたものの、昭和24年に復祀して奉斎したといいます。

新編武蔵風土記稿による蔵王高根神社の由緒

(坂本村)
蔵王権現社
村の北にありわづかなる社なり、上屋は三間に二間東向にて前に鳥居あり、勧請の年歴詳ならず、下星川村法性寺の持なり。(新編武蔵風土記稿より)

「神奈川県神社誌」による蔵王高根神社の由緒

勧請年月は不詳であるが、古くより村内に蔵王社及び高根の二社があり、蔵王社については新編風土記稿に「蔵王権現社、村の北にあり、わづかなる社なり、上屋は三間に二間、東向にて前に鳥居あり」と記されている。両社とも、明治四十三年村社杉山社に合祀されたが、戦後氏子崇敬者の熱望に応えて、昭和二十四年、蔵王社、高根社を杉山社より再び分祀し、相殿として奉斎した。(「神奈川県神社誌」より)


蔵王高根神社の周辺図


参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「神奈川県神社誌」