猫の足あとによる三鷹市・武蔵野市の寺院、神社など三鷹市・武蔵野市の寺社案内 猫の足あとによる三鷹市・武蔵野市の寺院、神社など三鷹市・武蔵野市の寺社案内
猫の足あと

威徳院|三鷹市新川にある曹洞宗寺院

威徳院の概要

曹洞宗寺院の威徳院は、明王山と号します。威徳院は、柴田三左衛門の弟威徳院(延宝4年1676年寂)が開基、春清寺二世實岩天老(万治2年1659年寂)が開山となり創建したといいます。

威徳院
威徳院の概要
山号 明王山
院号 威徳院
寺号 -
宗派 曹洞宗
住所 三鷹市新川2-1-17
葬儀・墓地 威徳院明月会館
備考 -



威徳院の縁起

威徳院は、柴田三左衛門の弟威徳院(延宝4年1676年寂)が開基、春清寺二世實岩天老(万治2年1659年寂)が開山となり創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による威徳院の縁起

(野川村)威徳院
除地、一段六畝二十四歩、天神の社の北並びにあり、明王山と號す、禅宗曹洞派、仙川村春清寺の末、開山は本山二世實岩天老萬治二年十一月廿八日寂す、開基威徳院延寳四年四月十三日卒せり、この法諡をもて寺號となせしものなるべし、この人は柴田三左衛門の弟なるよしと云、俗稱は傳へず。(新編武蔵風土記稿より)

「三鷹市史」による威徳院の縁起

威徳院 明王山
仙川村の春清寺の末寺である。開基は柴田勝重の弟(名不詳)、開山は春清寺二世宝岩天老で寛永一六年(一六三九)の創建である。(「三鷹市史」より)


威徳院の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「三鷹市史」