猫の足あとによる小金井市・国分寺市の寺院、神社など小金井市・国分寺市の寺社案内 猫の足あとによる小金井市・国分寺市の寺院、神社など小金井市・国分寺市の寺社案内
猫の足あと

本多八幡神社|国分寺市本多の神社

本多八幡神社の概要

本多八幡神社は、国分寺市本多にある神社です。本多八幡神社は、当地本田新田が開発された享保19年(1734)に石清水八幡宮を勧請して、本多新田の鎮守として創建したといいます。

本多八幡神社
本多八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 誉田別尊
相殿 -
境内社 -
住所 国分寺市本多4-3-3
祭日 -
備考 本多新田鎮守



本多八幡神社の由緒

本多八幡神社は、当地本田新田が開発された享保19年(1734)に石清水八幡宮を勧請して、本多新田の鎮守として創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による本多八幡神社の由緒

(本田新田)八幡社
二間に三間の覆屋、三尺四方の社を置。村内の鎮守なり。社地は祥應寺除地の内にして、同寺の西の方にあり。(新編武蔵風土記稿より)

北多摩神社誌による本多八幡神社の由緒

享保九年本多新田が開発されたとき、此の里の鎮守として、同十九年祥応寺の恢門道頂和尚と当時の里人十六名によって山城の国男山八幡神社を勧請。
翌元文元年九月十五日創建せられたものと伝えられる。祭祀は別当職祥応寺により司祭されたが明治維新神仏分離令により現宮司の祖星野神職の家に継がれ尊崇益々厚く栄え今日に至る。その間明治十八年に不慮の出火で社殿焼失その後約十年の歳月をかけて再建されたが既に老朽化したので昭和五十年二月氏子崇敬者一一〇〇余戸の浄財により建坪二三・四坪鉄筋コンクリート、八幡造りにて竣工した。(北多摩神社誌より)

「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」による本多八幡神社の由緒

八幡神社は祥応寺の西隣に位置する神社です。境内は連雀通に面して南面し、鳥居を潜り正面に拝殿、本殿等の社殿があり、東側に水盤舎、社務所、西側に山車庫、神輿庫等が配されます。
当社は享保年間の新田開発後、元文元(1736)年の勧請とされ、これは親村(国分寺村)の八幡神社を模したとも、祥応寺和尚が協力し山城国の男山八幡を勧請したともされます。(「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」より)


本多八幡神社の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 北多摩神社誌(北多摩神道青年会むらさき会)
  • 「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」