猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内 猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内
猫の足あと

永昌寺|杉並区永福にある曹洞宗寺院

永昌寺の概要

曹洞宗寺院の永昌寺は、天長山と号します。永昌寺は、寛永元年(1624)に龍昌寺5世明岩舜洞が江戸四ツ谷塩町に創建したといいます。明治43年、下高井戸2丁目にあった永泉寺を合併し、当所へ移転しました。

永昌寺
永昌寺の概要
山号 天長山
院号 -
寺号 永昌寺
住所 杉並区永福1-6-15
本尊 釈迦如来坐像
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 もと永泉寺の玉石薬師



永昌寺の縁起

永昌寺は、寛永元年(1624)に龍昌寺5世明岩舜洞が江戸四ツ谷塩町に創建したといいます。明治43年、下高井戸2丁目にあった永泉寺を合併し、当所へ移転しました。

杉並区教育委員会掲示による永昌寺の縁起

当寺は、曹洞宗天長山永昌寺といい、本尊は釈迦如来坐像です。
開創年代ははっきりしませんが、「続御府内備考」及び寺伝によると、寛永元年(1624)4月、江戸四ツ谷塩町(現新宿区愛住町)に建立したとされています。
開山は、同町の龍昌寺(現中野区中野6-3-7に移転)の五世明岩舜洞で、寛永12年7月に入寂しています。
明治43年、寺院の維持発展のため、現下高井戸2丁目にあった同宗永泉寺を合併し、当所ヘ移転してきました。
合併される以前の永泉寺には、玉石薬師と呼ばれる玉石があり、そのいわれは、この玉石が玉川上水永泉寺附近工事の際に、光沢ある玉石として掘り出され、その光沢の中に薬師像が浮出たことによるといわれます。
また、同寺では、工事の無事竣工を念じてこの玉石を供養したことから、近隣の信仰を集め、因んで丸薬も作られたと伝えられます。
昭和20年5月、戦災に遭い、この玉石は、本堂とともに焼かれて光沢を失ったものの、今なお、大切に安置されています。
このほか、門前と境内には、四基の庚申塔と二基の地蔵塔があります。(杉並区教育委員会掲示より)

「牛込區史」による永昌寺の縁起

天壽山永昌寺 安房延命寺末
寛永九年箪笥町に起立、同二十年原町に移る。開山は長久寺と同じ。開基永昌寺花庭妙法大姉、承應元年三月十四日卒。舊境内済松寺領古跡年貢地二百六十坪。(「牛込區史」より)

廃寺となった永泉寺について

薬王山永泉寺(曹洞宗)
所在、下高井戸2-21辺。
本寺、永福寺
本尊、釈迦如来像。
堂宇、本堂・客殿・薬師堂。
除地、1町6段1畝14歩。
備考、開山・開基不詳。明治43年同宗の永昌寺に合併された。(杉並区の寺院より)


永昌寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

杉並区の葬儀

決算申告駆け込みセンター
いろは葬祭

杉並区の葬儀社

エバーグレイス

本日休館