猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内 猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内
猫の足あと

永福寺|杉並区永福にある曹洞宗寺院

永福寺の概要

曹洞宗寺院の永福寺は、万歳山と号し当地名由来となった寺院です。大永2年(1522)当地に開創、開山秀天慶実と伝えられています。

永福寺
永福寺の概要
山号 万歳山
院号 -
寺号 永福寺
住所 杉並区永福1-25-2
本尊 十一面観音像
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 永福寺檀信徒会館
備考 永福稲荷神社のもと別当



永福寺の縁起

永福寺は、大永2年(1522)当地に開創、開山秀天慶実と伝えられています。

杉並区教育委員会掲示による永福寺の縁起

万歳山永福寺は曹洞宗の寺です。本尊は十一面観音像で、脇侍の不動・毘沙門両像とともに、鎌倉期の仏師快慶の手になるものと伝えられています。
寺伝によれば、開創は大永2年(1522)で、開山は秀天慶実と伝え、村名もこの寺名によっています。
永福寺の名は永禄2年(1559)に北条氏康が作成した「小田原衆所領役帳」にも見え、開創は寺伝の伝える頃に近いものと思われます。小田原落城後、北条氏の家臣であった安藤兵部丞が、当寺の住職をたよってこの地に帰農し、永福寺の檀家となり、村の開発につとめたといわれます。
中興開基は幕府御馬預役加藤重勝で、下高井戸村に拝領地を持ち、当寺を菩提寺としました。
当寺は文禄2年(1593)・元文3年(1738)・昭和20年と三度災害をうけましたが、天正16年(1588)の「検地書出」をはじめ二十数点の文書が無事保存されており、永福寺村を知る貴重な資料となっています。
なお、この他の文化財も多く、境内には「子授け地蔵」の名で村人に信仰された正徳5年(1715)銘の地蔵菩薩石像等があり、また寺の西門脇には正保3年(1646)・天和元年(1681)銘の庚申塔、元禄4年(1691)銘の地蔵石像が安置されています。(杉並区教育委員会掲示より)

「杉並の寺院」による永福寺の縁起

永禄2年(1559)に北条氏康が作成した「小田原衆所領役帳」に「島津孫四郎21貫文永福寺」とあり、永福寺が当時この地域の呼称とされる程の存在であったことが窺え、開創の古さがわかる。また、後北条氏が領国内の検地を行った際に作成された天正16年9月3日付「武州江戸廻永福寺分検地書出」にもその名が見られる検地奉行の一人安藤兵部丞は、二年後の北条氏滅亡に際して当地に帰農し、永福寺の檀家となっている。
中興開基の加藤重勝は、幕府御用人で、馬預役。下高井戸村に拝領地があったことから、当寺を菩提所とした。文化年間の「下高井戸村絵図」にも「加藤伝左衛門様拝領地壱町歩程」と見え、重勝より六代後の伝左衛門正容に至るまで、現下高井戸三丁目辺に拝領地があったことが分かる。
なお、永昌寺に合併された下高井戸永泉寺は、江戸期当寺の末寺であった。(杉並区教育委員会掲示より)


永福寺所蔵の文化財

  • 正保3年銘五輪庚申供養塔(杉並区指定文化財)

永福寺の周辺図


大きな地図で見る


本日休館

葬儀社紹介・葬儀相談

杉並区の葬儀

決算申告駆け込みセンター

杉並区の葬儀社

エバーグレイス