猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内 猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内
猫の足あと

高月山長善寺|新宿区四谷にある浄土宗寺院

高月山長善寺の概要

浄土宗寺院の長善寺は、高月山瑞翁院と号します。浄蓮社岌誉瑞翁直信和尚が開山、高月栄法比丘尼が開基となり、元和9年(1623)神宮外苑付近に創建したと伝えられます。明治22年当地へ移転しました。

高月山長善寺
高月山長善寺の概要
山号 高月山
院号 瑞翁院
寺号 長善寺
住所 新宿区四谷4-33-2
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



高月山長善寺の縁起

高月山長善寺は、浄蓮社岌誉瑞翁直信和尚が開山、高月栄法比丘尼が開基となり、元和9年(1623)神宮外苑付近に創建したと伝えられます。青山練兵場造成のため、明治22年当地に移転しました。浄蓮社岌誉瑞翁直信和尚は、先に新宿成覚寺を創建しています。

ガイドブック新宿区の文化財による高月山長善寺の縁起

長善寺は同じ四谷四丁目に同名の通称「笹寺長善寺」があるが、、こちらは芝増上寺の末寺、浄土宗で、高月山瑞翁院と号している。元和9年(1623)の創立で、今の神宮外苑絵画館付近にあったが、青山練兵場造成のため、明治22年当地に移ってきた。開山は浄蓮社岌誉瑞翁直信和尚、開基は高月栄法比丘尼で、開基は千駄ヶ谷名主太十郎の先祖にあたる人だという。両名の法名から山院号が付けられている。
笹寺長善寺に対し、この寺が世に知られたのは、銅造釈迦如来像があったためである。仏体は1mほどの座像で、背に応永14年(1407)8月鋳造の銘文がある。豊臣秀吉が大阪城に安置していたと伝えられ、鉄砲の弾丸跡が八ヶ所ほどあった。これは大坂の陣の名残を示すもので、天和3年(1683)以来当寺に所蔵されていたというが、今はない。(ガイドブック新宿区の文化財より)

御府内寺社備考による高月山長善寺の縁起

増上寺末千駄ヶ谷
高月山瑞翁院長善寺、境内御年貢地六百四十五坪半
起立之儀者元和九癸亥年ニ御座候山号院号之儀開山開基之法号ヲ以高月山瑞翁院ト号申候。寺地之儀者当村名主太十郎先祖高月尼ト申者寛永年中何程ニ候哉寄進仕其後享保十七子年六月同家先祖弥右衛門尚又地面寄進有之候っ右両度之寄進ニ而前書坪数ニ相成候得共初メ何坪後何坪候申儀相知不申候。
開山浄蓮社岌誉上人瑞翁直信和尚、正保五年戌子正月廿日寂。
中興開山信蓮社源誉上人随誓空道和尚、延宝五年十月十一日寂。
開基高月栄法比丘尼、寛永十六巳卯年六月廿四日寂。
本堂間口五間半奥行六間半。本尊弥陀如来坐像長一尺八寸。善導大師、円光大師、厨子入立像二尺。
稲荷社方四尺。
釈迦堂。釈迦如来、銅坐像長三尺余。(御府内寺社備考より)

東京名所図会による高月山長善寺の縁起

長善寺古銅佛
長善寺は。青山権田原の西に在りしが。明治二十二年此邊一円錬兵場となるの際。四谷永住町三十番地に移れり。當寺の古銅佛は。有名なるものにて。俗に鐡砲観音と稱せり。鐡砲中りて痕跡處々に存すればなり。是は昔東本願寺内にありしものにして。大阪城中に移されしが、落城の後江戸に持ち来り。今村傳三郎が八町堀の邸内にありしを。天和二年壬戌九月。當寺の依念和尚に約して之を送り。此處に安置せるなり。其の背に應永十四年丁亥八月廿五日と刻しあり。委しくは四谷の條に記すべし。(東京名所図会より)


高月山長善寺の周辺図


大きな地図で見る

経営革新等支援期間

梅本会計事務所

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット

新宿区の葬儀

落合斎場

四柱推命・鑑定の聖至会
決算申告駆け込みセンターQ-TAX目白店
会社設立・起業サポートセンターQ-TAX目白店