猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内 猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内
猫の足あと

全勝寺|新宿区舟町にある曹洞宗系単立寺院

全勝寺の概要

曹洞宗系単立の全勝寺は、雄峰山と号します。全勝寺は、天正6年(1578)麹町貝塚に栄巌清繋和尚が曹洞宗竜源寺として創建しました。元和2年(1616)牛込藁店にそして当地へ移転しています。

全勝寺
全勝寺の概要
山号 雄峰山
院号 -
寺号 全勝寺
住所 新宿区舟町11-6
宗派 曹洞宗系単立
葬儀・墓地 -
備考 -



全勝寺の縁起

全勝寺は、天正6年(1578)麹町貝塚に栄巌清繋和尚が曹洞宗竜源寺として創建しました。元和2年(1616)牛込藁店にそして当地へ移転しています。

全勝寺所蔵の文化財

  • 山県大武墓(新宿区指定文化財)

山県大武墓

山県大武(1725-1767)は、江戸時代中期の兵学者・尊王論者として著名な人物である。甲斐国(現在の山梨県)竜王の篠原で生れ、名を昌貞、字を公勝、号を柳荘、洞斎と称した。
初めは医者となったが、漢学を学び、宝暦6年(1756)江戸へ出て家塾を開き、国学・兵学を教え、多くの門下生がいた。宝歴8年(1758)「柳子新論」を著し、尊王論と幕政批判を説き、明和3年(1766)捕えられ、翌年没した。
門下生に苫田松陰などが出て、後に尊王論者の師と仰がれ、高く評価されるようになった。
墓は、初め全徳寺にあったが廃寺となり、全勝寺に移された。(新宿区教育委員会掲示より)


全勝寺の周辺図


大きな地図で見る


経営革新等支援期間

梅本会計事務所

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット

新宿区の葬儀

落合斎場

決算申告駆け込みセンター
会社設立・起業サポートセンター