猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内 猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内
猫の足あと

常泉寺。さいたま市見沼区染谷にある曹洞宗寺院

常泉寺の概要

曹洞宗寺院の常泉寺は、黒雲山と号します。常泉寺は、雪菴壽欽(大永3年1523年寂)が創建、徳川家康の関東入国に際して天正19年(1591)に寺領10石の御朱印状したといい、染谷の里正淺子大學(法名茂菴昌繁居士)が中興開基したといいます。

常泉寺
常泉寺の概要
山号 黒雲山
院号 -
寺号 常泉寺
住所 さいたま市見沼区染谷1608
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



常泉寺の縁起

常泉寺は、雪菴壽欽(大永3年1523年寂)が創建、徳川家康の関東入国に際して天正19年(1591)に寺領10石の御朱印状したといい、染谷の里正淺子大學(法名茂菴昌繁居士)が中興開基したといいます。

新編武蔵風土記稿による常泉寺の縁起

(染谷村)常泉寺
曹洞宗、下野國鹿沼瑞光寺末、黒雲山と號す、寺領十石の御朱印は天正十九年七月十七日賜れり、開山雪菴壽欽大永三年四月八日寂す、中興開基の法謚を茂菴昌繁居士と云、今の里正の先祖にて、淺子大學とよびし人と云、本尊観音を安せり。
鐘楼。延寶二年十一月鑄造の鐘をかけり。
稲荷社、白山社、重殿権現社。(新編武蔵風土記稿より)


常泉寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」