猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内 猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内
猫の足あと

福正寺。さいたま市西区指扇領別所にある天台宗寺院

福正寺の概要

天台宗寺院の福正寺は、慈覺山瑠璃光院と号します。福正寺は、第三代天台座主慈覚大師円仁が創建したと伝えられ、永海が中興したといいます。

福正寺
福正寺の概要
山号 慈覺山
院号 瑠璃光院
寺号 福正寺
住所 さいたま市西区指扇領別所364
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



福正寺の縁起

福正寺は、第三代天台座主慈覚大師円仁が創建したと伝えられ、永海が中興したといいます。

新編武蔵風土記稿による福正寺の縁起

(別所村)福正寺
天台宗、入間郡小仙波村中院の末、慈覺山瑠璃光院と號す、當寺は慈覺大師の草創なりしと傳ふれど、中古回禄の災に罹りて舊記を失ひたれば詳ならず、中興の僧を永海と稱す、是も寂年を傳へず、本尊は彌陀を安置せり。
鐘楼。鐘は元文五年の鑄造なり。
薬師堂。
稲荷社、天神社。(新編武蔵風土記稿より)


福正寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」