猫の足あとによる川越市の寺院、神社、観光名所など川越市の寺社案内 猫の足あとによる川越市の寺院、神社、観光名所など川越市の寺社案内
猫の足あと

川越大師喜多院。川越市小仙波町にある天台宗寺院

喜多院の概要

天台宗寺院の喜多院は、星野山無量寿寺と号します。天長7年(830)慈覚大師により無量寿寺として創建しました。永仁4年(1296)、尊海が慈恵大師を勧請して当寺を再興し、北院・中院・南院となる各房が建てられました。慶長17年(1612)国師天海僧正が住職となり、寺領48,000坪、500石の御朱印を拝領した御朱印寺です。現在、数多くの文化財を有している他、初大師・だるま市等の行事があり、川越大師として親しまれています。関東三十六不動28番不動、小江戸川越七福神の大黒天です。

喜多院
喜多院の概要
山号 星野山
院号 喜多院
寺号 無量寿寺
住所 川越市小仙波町1-20-1
宗派 天台宗
本尊 阿弥陀如来
縁日 1月3日初大師だるま市
葬儀・墓地 喜多院斎霊殿で社葬など大型葬利用可能
備考 御朱印寺、関東三十六不動28番不動、小江戸川越七福神の大黒天



喜多院の縁起

喜多院は、天長7年(830)慈覚大師により無量寿寺として創建しました。永仁4年(1296)、尊海が慈恵大師を勧請して当寺を再興し、北院・中院・南院となる各房が建てられました。慶長17年(1612)国師天海僧正が住職となり、寺領48,000坪、500石の御朱印を拝領した御朱印寺です。寛永15年(1638)川越の大火後の再建では、徳川家光の命により江戸城紅葉山から客殿、書院を移築、現存しており、「家光誕生の間」「春日局化粧の間」と伝えられている部屋があります。現在、数多くの文化財を有している他、初大師・だるま市等の行事があり、川越大師として親しまれています。関東三十六不動28番不動、小江戸川越七福神の大黒天です。

喜多院所蔵の文化財

  • 客殿(国指定重要文化財)
  • 書院(国指定重要文化財)
  • 庫裡(国指定重要文化財)
  • 慈眼堂(国指定重要文化財)
  • 山門(国指定重要文化財)
  • 鐘楼門附銅鐘(国指定重要文化財)
  • 紙本着色職人尽絵(国指定重要文化財)
  • 宋版一切経絵(国指定重要文化財)
  • 暦応の古碑(県指定史跡)
  • 慈恵堂(県指定有形文化財)
  • 多宝塔(県指定有形文化財)
  • 番所(県指定有形要文化財)
  • 木造天海僧正坐像(県指定有形文化財)
  • 延文の板碑(市指定考古資料)
  • 天海版一切経(市指定文化財)
  • 松平大和守家廟所(市指定史跡)

慈眼堂

天海僧正は寛永20年(1643)10月2日寛永寺において入寂し、慈眼大師の謚号をおくられた。そして三年後の正保2年(1645)には徳川家光の命によって御影堂が建てられ、厨子に入った天海僧正の木像が安置されたのが、この慈眼堂である。一名開山堂ともよび、桁行三間(5.45m)、梁間三間で、背面一間通庇付の単層宝形造、本瓦葺となっている。宝形造は、四方の隅棟が一ヶ所に集まっている屋根のことで、隅棟の会するところに露盤があり、その上に宝珠が飾られている。(埼玉県・川越市教育委員会掲示より)

鐘楼門附銅鐘

江戸時代の喜多院の寺域は現在よりも相当広く、当寺鐘楼門は、喜多院境内のほぼ中央にあり、慈眼堂へ向う参道の門と位置づけられます。また、上層にある銅鐘を撞いて時を報せ、僧達の日々の勤行を導いたと考えられます。
鐘楼門は、桁行三間、梁行二間の入母屋造、本瓦葺で袴腰が付きます。下層は角柱で正面中央間に両開扉を設け、他の壁面は堅板張の目板打です。上層は四周に縁・高欄をまわし、角柱を内法長押、頭貫(木鼻付)、台輪でかため、組物に出三斗と平三斗を組みます。中備はありません。正面中央間を花頭窓とし両脇間に極彩色仕上げの雲竜の彫物をかざり、背面も中央間を花頭窓とし両脇間に極彩色仕上げの花鳥の彫物を飾ります。上層には、元禄15年(1702)の刻銘がある椎名伊予藤原重休作の銅鐘を吊っています。寛永15年(1638)の大火に焼け残ったともいわれますが、細部意匠などから判断して銅鐘銘にある元禄15年頃の造営と考えるのが妥当だと考えられます。(川越市教育委員会掲示より)

暦応の古碑

暦応の古碑として指定されているが、その実は「暦応□□□□□月十五日」の銘のある板石塔婆で、上部に弥陀の種子キリークを刻し下半部に52名にのぼる喜多院(無量寿寺)の歴代の住職の名と見られる者を刻している。喜多院の歴代の住職の名を知る資料は他にないので、この銘文が重要な意味を持つところから、県の史跡として指定になったものである。梵字の真下中央に「僧都長海現在」とあるので、暦応(南北朝時代初期)の頃の住職であったことがわかる。(埼玉県・川越市教育委員会掲示より)

延文の板碑

暦応の板碑とならんで立っている延文三年のこの板碑は、高さ276cm、最大幅69.4cm、暑さ9cmで川越市最大の板碑である。暦応の板碑と同様に、上部に種子キリークがあり、そのもとに、僧1、法師2、沙弥32、尼21、聖霊4、の合計60名が刻まれており「一結諸衆/敬白」とあり、文字通り結衆板碑である。
聖霊の4名は喜捨を募ってから板碑に刻むまでに少なからず歳月を費やしたことが考えられる。暦応の板碑が喜多院の歴代の住職の名を記したのに対し、この板碑は、その殆んどが沙弥と尼で、共に僧階は最も低く、僧、法師が導師となって、在俗の人々が結衆したことがわかる板碑である。(埼玉県・川越市教育委員会掲示より)


喜多院の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑