猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あと

本住寺|大田区本羽田にある日蓮宗寺院

本住寺の概要

日蓮宗寺院の本住寺は、朗長山と号します。本住寺は、池上本門寺11世日現が当地付近に本住寺を創建、兵乱により荒廃したため、愛知郡東寺町(名古屋市中区)で再建、その後池上本門寺12世日惺(1550-98)が旧地に本住寺として建立したといいます。

本住寺
本住寺の概要
山号 朗長山
院号 -
寺号 本住寺
本尊 十界大曼陀羅
住所 大田区本羽田1-8-9
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 朗長会館を宗旨問わず開放
備考 -



本住寺の縁起

本住寺は、池上本門寺11世日現が当地付近に本住寺を創建、兵乱により荒廃したため、愛知郡東寺町(名古屋市中区)で再建、その後池上本門寺12世日惺(1550-98)が旧地に本住寺として建立したといいます。

「大田区の寺院」による本住寺の縁起

当寺の開祖は池上本門寺12世日惺(1550-98)である。もとこの地にあったが、故あって尾張国へ移り、再びこの地に再建された。「張州府志」には、愛知郡東寺町にある本住寺は、もと武蔵国荏原郡六郷にあり、永禄3年(1560)六郷の城主、行方修理大夫および妹尾三河守らが創建し、池上本門寺11世日現の開祖。その後兵乱により荒廃したため、同国の清須に移し、またもとの地に移したと記している。「新編武蔵風土記稿」は開祖日惺というが、恐らくは中興であり、再び六郷の地に移した時のことであろうといっている。(「大田区の寺院」より)

新編武蔵風土記稿による本住寺の縁起

本住寺
年貢地5畝7歩、西北の方西馬場高地と東馬場耕地との堺にあり。朗長山と号す。法華宗にて池上本門寺の末寺なり。開祖は佛乗院日惺聖人なり。慶長3年7月6日寂せり。此寺上古此地にありしを、一旦故あって尾張国へうつり、其後また此所に再造せり。かの国にも今に本住寺と云大寺ありといへり。尾州府志云、本住寺は愛知郡東寺町にあり。長寿山と号せり。法華宗にて池上本門寺の末寺也。元武蔵国荏原郡六郷にあり、永禄3年六郷の城主行方修理大夫及び妹尾三河守等力を合せて創建なし、本門寺11世日現上人をもって開山とせり。なかごろ兵乱のわざはいに遇ふて荒廃の後、尾州の人加藤某と云もの同国清須に移して堂舎をたつ。其後また今の地にうつせり。美濃尾張二国の池上派の司をなせりと云々、按ずるに彼書に云所と、この寺に傳ふ所と略同じといへども今も、尾張国に本住寺あるを以ておもへば、再び当国へ移せし後かの国にも猶本住寺ありて、是より、二寺となりしなるべし。ここに開祖は日惺上人といへど、恐くは中興にて、再び此地に移りし時のことなるべし。本尊は三宝祖師の木像にて、長6寸ばかりなり。本堂7間に6間東向。
七面堂。本堂の右にあり。3間に2間。本尊は木の立像にて、長7・8寸許なり。(新編武蔵風土記稿より)


本住寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット

本日休館