猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あと

光伝寺|練馬区氷川台にある真言宗豊山派寺院、豊島八十八ヶ所霊場

光伝寺の概要

真言宗豊山派の光伝寺は、大明山無量院光伝寺と号し、新編武蔵風土記稿よると良仁(天正2年:1574年没)開山と記載されていることから1574年以前の創建と考えられます。豊島八十八ヶ所霊場10番札所です。

光伝寺
光伝寺の概要
山号 大明山
院号 無量院
寺号 光伝寺
住所 練馬区氷川台3-24-4
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 豊島八十八ヶ所霊場10番札所



光伝寺の縁起

光伝寺は、新編武蔵風土記稿よると良仁(天正2年:1574年没)開山と記載されていることから1574年以前の創建と考えられます。

「練馬の寺院」による光伝寺の縁起

「新編武蔵風土記稿」に「光伝寺 大明山無量院ト号ス。本尊不動。法流開山教恵。宝暦10年12月12日化ス。」とある。
「光伝寺由緒沿革」によると、「始め浄土宗の寺院なりしが、江戸時代真言宗全盛時に本宗に転じたるものと伝う。第1世は、法印権大僧都公恵と謂う。爾来相伝えて第27世に及ぶ、第6世教慧の時、金乗院慧龍より憲深方の法流を伝えて同寺の末寺となる。第18世教海は、高井戸村の出身にて護法の志厚く利生の念深く私財を投じて、正久保橋(旧弥右衛門橋)の腐食し易き木橋たりしを江戸日本橋より六兵衛・八兵衛なる二人の石工を呼び永久的の石橋に替えて衆人を利せり。」と。
旧橋(正久保橋)の橋柱石(高さ53センチ)は、今も同寺の境内に保存され、教海の功績を伝えている。
現在、境内の建物として、山門、本堂、庫裡、鐘楼、閻魔堂、観音堂がある。
昭和14年金乗院末寺を離脱して、奈良の長谷寺を本山とした。(「練馬の寺院」より)


光伝寺の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 練馬の寺院(練馬区教育委員会)



葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット

練馬区の葬儀

会社設立・起業サポートセンター