猫の足あとによる大和市・座間市の寺院、神社など大和市・座間市の寺社案内 猫の足あとによる大和市・座間市の寺院、神社など大和市・座間市の寺社案内
猫の足あと

深見神社。大和市深見の神社、旧郷社、延喜式内社

深見神社の概要

深見神社は、大和市深見にある神社です。深見神社の創建年代は不詳ですが、雄略天皇22年(485)の創建と伝えられ、延長五年(927)に完成した延喜式の神名帳に明記された延喜式内社の一社です。江戸時代に編纂された新編相模国風土記稿には「鹿島社」として見え、明治6年には郷社に列格したといいます。

深見神社
深見神社の概要
社号 深見神社
祭神 武甕槌尊、建御名方神
相殿 -
境内社 稲荷社、靖国社
祭日 例祭日9月15日
住所 大和市深見3367
備考 旧郷社、延喜式内社



深見神社の由緒

深見神社の創建年代は不詳ですが、雄略天皇22年(485)の創建と伝えられ、延長五年(927)に完成した延喜式の神名帳に明記された延喜式内社の一社です。江戸時代に編纂された新編相模国風土記稿には「鹿島社」として見え、明治6年には郷社に列格したといいます。

大和市教育委員会掲示による深見神社の由緒

深見神社
「深見」という地名は「倭名類聚鈔」に相模国高座郡深見郷と記されており、市内の地名が初めて文献に登場したものです。しかし、この時の深見の範囲は現在地を含めてかなり広い範囲を総称していたもののようです。
深見神社は鹿島社の別称がありますが、言い伝えによれば、領主であった坂本氏が茨城県鹿島神宮の祭神を勧請したためといいます。市内に所在している神社の中では唯一の「延喜式」神名帳(927)に掲載された延喜式内社となっています。延喜式内社は全国で3132社あるが、この制度の目的は天皇家の安泰と国の隆盛・五穀豊穣を祈願するというものであり、当時の国の中枢である天皇家と直接結びつくものでありました。村の鎮守という一面と地方を代表するものという一面の両者を持っていたといえます。なお、境内には大和市指定重要文化財である寛政三年に建立された「深見神社社号標」と天然記念物であるハルニレがあります。(大和市教育委員会掲示より)

境内掲示による深見神社の由緒

当神社の創始は古く総国風士記によれば今より約1500年前雄略天皇22年3月創祭とあり朝廷より奉幣の事が記されてある。当時朝野遠近の崇敬篤く著名の社であった事が知られる。其の後桓武天皇の5月を始め歴代国司より奉幣の事があり更に醍醐天皇の御代に制定された延喜式神名帳に相模国十三座の一社と定められ官社として扱われ国幣を奉られた。
毎年2月の祈年祭には神祇官の奉幣が奉られこの地方士民信仰の中心をなしていた。
後世源頼朝小田原北条、武田信玄を始め渋谷庄司重国太田道灌等の信仰も特に篤く徳川時代に至っては旗本坂本小左衛門重安寺社奉行坂本内記重治は屡々参詣し社殿造営のこと亦社領寄進等古来武門武将の崇敬は鄭重をきわむるものがあった。
明治6年12月太政官布告により郷社に列せられたるも同9年隣地仏導寺の火災に類焼し荘厳なる社殿工作物等悉く焼失した。
明治42年村内諏訪社を合祀し諏訪社の祭神は当社の相殿となった。
昭和16年1月当社が再建されたるも昭和20年12月神道指令により神社の国家管理が廃止され現在は神社本庁に属しこの地方遠近の崇敬者より御神徳を敬仰されている。(境内掲示より)

新編相模国風土記稿による深見神社の由緒

(深見村)鹿島社
村の鎮守なり、鳥居の傍に石標あり、相模国十三座之内、深見神社と彫る、式内郡中小社五座の一なり。神名帳曰、高座郡小五座、深見神社云々。祭神は武甕槌尊なり。鹿島と号するは常州鹿島神社と祭神同じきのみにあらず、彼社世に著名なればかく呼習せり。祭礼村内諏訪神社と隔年十一月月日を卜して執行す。当日瀬谷村(鎌倉郡属)寶蔵寺の僧来りて法楽をなす。村持。
末社、稲荷。
神木、松一株囲三丈程、此余社地に老松樹数株あり。(新編相模国風土記稿より)


深見神社所蔵の文化財

  • 深見神社社号標(大和市指定重要文化財)
  • ハルニレ(大和市天然記念物)

深見神社社号標

この社号標は、深見村の領主であった旗本坂本重冶が造立したと伝えられています。正面には「相模国十三座之内深見神社」と書かれ、深見神社が延喜式内社であることが明記されています。
延喜式内社とは、延長五年(927)に完成した延喜式の神名帳に明記された神社のことで、相模国には寒川神社など全部で十三座ありました。このことから深見神社は平安時代委にはすでに存在していたことがわかります。(大和市教育委員会掲示より)

ハルニレ

ハルニレは夏緑樹林帯(ブナ帯)の木で、北国の山地に多くみられます。県内では丹沢山地の1000m以上の地にみられますが、深見のような低地では珍しいことです。このように珍しい木で、何という名の木かわからなかったので、「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれるようになったと伝えられています。
四~五月、葉に先だって褐紫色の小さな花を葉の脇に束状に七~十五個程つけます。六月には扁平な翼を持った果実が熟して落ちます。葉の緑は鋸歯状で表面は脈がへこみザラついています。(大和市教育委員会掲示より)


深見神社の周辺図


大きな地図で見る


工作機械商社

ハイテクノス