猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

明鏡寺。川崎市高津区にある天台宗寺院

明鏡寺の概要

天台宗寺院の明鏡寺は、松林山安楽院と号します。明鏡寺は、僧実海が創建、末長杉山神社の別当寺を勤めていたといいます。

明鏡寺
明鏡寺の概要
山号 松林山
院号 安楽院
寺号 明鏡寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 川崎市高津区末長806
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



明鏡寺の縁起

明鏡寺は、僧実海が創建、末長杉山神社の別当寺を勤めていたといいます。

新編武蔵風土記稿による明鏡寺の縁起

(末長村)明鏡寺
村の西にへより天台宗東叡山末にて、多磨郡深大寺の進退によれり、松林山安楽院と號す、客殿八間六間艮向なり、本尊阿彌陀坐像にて長一尺二寸許なるを安ず、開山及び起立の年歴は詳ならざれど、寺僧歴代の碑に寛永五年七月十三日慶丁法印と刻するものあれば、若くは此人創建せしならんか(新編武蔵風土記稿より)


明鏡寺の周辺図


参考資料