猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

常念寺。川崎市麻生区にある浄土真宗本願寺派寺院

常念寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の常念寺は、稲荷山と号します。常念寺は、親鸞聖人の弟子で二十四輩の一人乗念(成然・常念)が鎌倉時代に創建、町田市金井町入谷戸にあったとも伝えられるといいます。永禄元年(1558)に僧福受(文禄元年1592年没)が当地に開基・創建したといいます。

常念寺
常念寺の概要
山号 稲荷山
院号 -
寺号 常念寺
住所 川崎市麻生区栗木203
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 栗平会館
備考 -



常念寺の縁起

常念寺は、親鸞聖人の弟子で二十四輩の一人乗念(成然・常念)が鎌倉時代に創建、町田市金井町入谷戸にあったとも伝えられるといいます。永禄元年(1558)に僧福受(文禄元年1592年没)が当地に開基・創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による常念寺の縁起

(栗木村)浄念寺
除地、五斗、其段別しれす、村の巽の方にあり、一向宗、京都西本願寺の末、稲荷山と號す、開山はその人を傳へず、客殿六間に六間半南に向ふ、本尊彌陀立像にして長一尺ばかり。
稲荷社。客殿の後にあり。(新編武蔵風土記稿より)


常念寺の周辺図


参考資料