猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内 猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内
猫の足あと

正伝庵。鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派寺院

正伝庵の概要

臨済宗円覚寺派寺院の正伝庵は、円覚寺境内にある円覚寺の塔頭寺院です。円覚寺二十四世明巌正因大達禅師の塔所として、貞和4年(1348)萬寿寺(廃寺)内に創建、文和3年(1354)円覚寺に移転したといいます。

正伝庵
正伝庵の概要
山号 -
院号 -
寺号 正伝庵
本尊 宝冠釈迦如来坐像
住所 鎌倉市山ノ内439
宗派 臨済宗円覚寺派
葬儀・墓地 -
備考 一般参観不可



正伝庵の縁起

正伝庵は、円覚寺二十四世明巌正因大達禅師の塔所として、貞和4年(1348)萬寿寺(廃寺)内に創建、文和3年(1354)円覚寺に移転したといいます。

新編相模国風土記稿による正伝庵の縁起

正傳庵
今は無住にして佛日庵の持なり。貞和4年3月開祖明厳萬寿寺(所在詳ならず十刹の内と云)中に創建す。右文書曰萬寿寺前塔頭、正傳庵地事、不可有相違之状如件、貞和4年3月8日、明岩和尚、左兵衛督判。文和3年此地に移すと云。鎌倉萬寿寺塔頭、正傳庵事、可被引移円覚寺之由承候。不可有子細之状如件、文和3年9月8日、明岩和尚、左中将判。(新編相模国風土記稿円覚寺項より)


正伝庵所蔵の文化財

  • 宝冠釈迦如来坐像
  • 木造明巌正因坐像

正伝庵の周辺図


大きな地図で見る