猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

上小岩天祖神社|江戸川区北小岩の神社

上小岩天祖神社の概要

上小岩天祖神社は、江戸川区上小岩にある天祖神社です。上小岩天祖神社の創建年代は不詳ですが、三社明神社と称し、上小岩村の鎮守であったといいます。

上小岩天祖神社
上小岩天祖神社の概要
社号 天祖神社
祭神 天照大御神
相殿 誉田別命、天児屋根命
境内社 国常立尊
住所 江戸川区北小岩6-39-22
備考 旧上小岩村鎮守



上小岩天祖神社の由緒

上小岩天祖神社の創建年代は不詳ですが、寛永年間(1624-1644)に社殿を創建、三社明神社と称し、上小岩村の鎮守であったといいます。

新編武蔵風土記稿による上小岩天祖神社の由緒

(上小岩村)三社明神社
天照大神、八幡、春日の三社なり。村の鎮守とす。観泉寺持(新編武蔵風土記稿より)

「江戸川区史」による上小岩天祖神社の由緒

天祖神社(北小岩六丁目三九番二二号)
旧上小岩村の鎮守で神明社と称した。祭神は天照大御神、相殿に誉田別命、天児屋根命をまつる。寛永年間の創建といわれるが詳細は明らかでない。安政の大地震で倒壊し改築したが明治三十九年に改修した。明治十一年に十念寺の持ちになり、同四十三年から小岩神社が掌管している。(「江戸川区史」より)

東京都神社名鑑による上小岩天祖神社の由緒

創立年代不詳。古老の言および境内樹木等により、今より約三百年以前、寛永年間(一六二四-四四)に本社創設にかかるものにして、境内に物置小屋として使用の建物すなわちこれである。古老の言によるに、安政年間(一八五四-六〇)の大地震に本社が潰れたるにより、安政五年改築したものである。(東京都神社名鑑より)


上小岩天祖神社の周辺図