猫の足あとによる東京都の寺院、神社など東京都の寺社案内 猫の足あとによる東京都の寺院、神社、観光名所など東京都の寺社案内
猫の足あと

江戸六地蔵の案内

江戸六地蔵の案内

江戸六地蔵とは京都の六地蔵に倣って、江戸の出入口6箇所に造立・設置されている地蔵です。深川の地蔵坊正元発願の江戸六地蔵と、東都歳時記による江戸六地蔵との二つがあり、東都歳時記による江戸六地蔵はいつの頃か廃れ、江戸地蔵といえば、通常は深川の地蔵坊正元発願の江戸六地蔵を指します。

深川の地蔵坊正元発願の江戸六地蔵一覧

江戸深川の地蔵坊正元が、宝永3年(1706)に発願し江戸市中から広く寄進者を得て、江戸の出入口6箇所に地蔵菩薩像を造立しました。現在、江戸六地蔵と呼ぶ場合は、下記六地蔵を指します。

寺院名 建立年 住所
(東海道)品川寺 宝永5年(1708) 品川区南品川3-5-17
(奥州街道)東禅寺 宝永7年(1710) 台東区東浅草2-12-13
(甲州街道)太宗寺 正徳2年(1712) 新宿区新宿2-9-2
(中仙道)真性寺 正徳4年(1714) 豊島区巣鴨3-21-21
(水戸街道)霊巌寺 享保2年(1717) 江東区白河1-3-32
(千葉街道)永代寺 享保5年(1720) 江東区富岡1-15-1(廃仏毀釈で廃棄)
(永代寺の代仏)浄名院 明治39年(1906) 台東区上野桜木2-6-4


江戸六地蔵の御朱印

※御朱印画像はいけみずさんよりの寄贈




東都歳時記による江戸六地蔵:東都六地蔵

天保9年(1837)刊の東都歳時記によると、江戸六地蔵は、銅造泥塑の仏像造りに秀でた下谷心行寺(現府中市)二世空無上人の権化によって元禄4年(1691)に開眼したものと記載されています。

東都歳時記記載場所 現住所 備考
駒込瑞泰寺 文京区向丘2-36-1 現存せず。石造を代仏
千駄木専念寺 文京区千駄木1-22 現存
新堀浄光寺 荒川区西日暮里3-4-3 現存
下谷心行寺 府中市紅葉丘2-32-14 現存せず
福聚院 台東区上野公園16-13 現存せず
浅草寺正智院 台東区浅草2-31-3 現存せず



いずみ中央歯科医院 本日休館 会社設立・起業サポートセンターQ-TAX目白店 杉並区の葬儀社エバーグレース 決算申告駆け込みセンターQ-TAX目白店

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット