猫の足あとによる中央区の寺院、神社など中央区の寺社案内 猫の足あとによる中央区の寺院、神社など中央区の寺社案内
猫の足あと

大栄稲荷神社|中央区新川の神社

大栄稲荷神社の概要

大栄稲荷神社は、中央区新川にある稲荷神社です。大栄稲荷神社は、霊岸島地先の埋立地完成に際して、伏見稲荷の分霊を勧請して創建、大栄稲荷神社と称したといいます。

大栄稲荷神社
大栄稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇迦之御魂神
相殿 -
境内社 -
住所 中央区新川1-2-14
備考 新川北町会事務所兼用



大栄稲荷神社の由緒

大栄稲荷神社は、霊岸島地先の埋立地完成に際して、伏見稲荷の分霊を勧請して創建、大栄稲荷神社と称したといいます。

東京都神社名鑑による大栄稲荷神社の由緒

明和四年(一七六八)亀島川霊岸島地先を埋立たときより起こる。この埋立地完成のさい付近住民地浄めの神として、伏見稲荷大神の御分霊を遷して地主神となし、御名を大栄稲荷神社と尊称する。遷座当時は霊岸橋ぎわの一角を占め、付近には種々輿業物・掛茶屋等があり、神社では富籤の発行などがあって大いに賑わった。その後再度の火災、また大正十二年の震災後、区画整理等で社地減少し今日に至る。(東京都神社名鑑より)


大栄稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る