猫の足あとによる中央区の寺院、神社など中央区の寺社案内 猫の足あとによる中央区の寺院、神社など中央区の寺社案内
猫の足あと

高尾稲荷神社|中央区日本橋箱崎町の神社

高尾稲荷神社の概要

高尾稲荷神社は、日本橋箱崎町にある稲荷神社です。高尾稲荷神社は、江戸時代の遊女高尾太夫が仙台藩主伊達綱宗候に切り殺され、遺体が引き揚げられた当地に、彼女の神霊高尾大明神を祀ったのを起源とするといいます。

高尾稲荷神社
高尾稲荷神社の概要
社号 高尾稲荷神社
祭神 高尾大明神
相殿 -
境内社 -
住所 中央区日本橋箱崎町10-7
備考 -



高尾稲荷神社の由緒

高尾稲荷神社は、江戸時代の遊女高尾太夫が仙台藩主伊達綱宗候に切り殺され、遺体が引き揚げられた当地に、彼女の神霊高尾大明神を祀ったのを起源とするといいます。

境内掲示による高尾稲荷神社の由緒

万冶2年(1659)12月江戸の花街新吉原京町1丁目、三浦屋四郎左衛門抱えの遊女で二代目高尾太夫、傾城という娼妓の最高位にあり、容姿端麗にして艶名一世に鳴りひびき、和歌俳諧に長じ、書は抜群、諸芸に通じ、比類のない全盛をほこったといわれる。
生国は野州塩原塩釜村百姓長助の娘で当時19歳であった。
その高尾が仙台藩主伊達綱宗候に寵愛され大金とつんで見請けされたが、彼女にはすでに意中の人あり、操を立てて候に従わなかったため、ついに怒りを買って隅田川の三又(現在の中洲)あたりの楼船上にて吊り斬りにされ、川中に捨てられた。
その遺体が数日後、当地大川端の北新堀河岸に漂着し、当所そこに庵を構え居合わせた僧が引き揚げてそこに手厚く葬ったといわれる。
高尾の可憐な末路に広く人々の同情が集まり、そこに社を建て彼女の神霊高尾大明神を祀り、高尾稲荷社としたのが当社の起縁である。
現在この社には、稲荷社としては全国でも非常に珍しく、実体の神霊(実物の頭蓋骨)を祭神として社の中に安置してあります。
江戸時代より引続き昭和初期まで参拝のためおとずれる人多く、縁日には露店なども出て栄えていた。(箱崎北新堀町々会掲示より)


高尾稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る