猫の足あとによる中央区の寺院、神社など中央区の寺社案内 猫の足あとによる中央区の寺院、神社など中央区の寺社案内
猫の足あと

朝日稲荷神社|中央区銀座の神社

朝日稲荷神社の概要

朝日稲荷神社は、中央区銀座にある稲荷神社です。朝日稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、安政大地震で社殿が倒壊してから放置されていたといいます。関東大震災で三十間堀の堀底が隆起し、神璽が現れたことから社殿を再建したといいます。銀座八丁神社めぐりの一社です。

朝日稲荷神社
朝日稲荷神社の概要
社号 朝日稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 -
住所 中央区銀座3-8-10銀座朝日ビル
備考 -



朝日稲荷神社の由緒

朝日稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、安政大地震で社殿が倒壊してから放置されていたといいます。関東大震災で三十間堀の堀底が隆起し、神璽が現れたことから社殿を再建したといいます。

「中央区史」による朝日稲荷神社の由緒

安政震災後荒廃し三十間堀に埋れていたが、大正震災に河底から露れたため現社地に奉斎した。(「中央区史」より)

東京都神社名鑑による朝日稲荷神社の由緒

創祀不詳。町内の守護神として奉斎される。安政大地震の時、社殿倒壊し三十間堀に埋れて、以来社地荒廃のまま大正年間に至る。同十二年大震災のおり、三十間堀の河底隆起し、埋れたる御神璽顕われるにより、町内崇敬者神威をかしこみ、東京市に願い出て特に旧社地に社殿を再建する。(東京都神社名鑑より)


朝日稲荷神社の周辺図