猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内 猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内
猫の足あと

千葉縣護國神社|千葉市中央区弁天の神社

千葉縣護國神社の概要

千葉縣護國神社は、千葉市にある神社です。千葉縣護國神社は、明治11年初代県令柴原和が発起となり千葉県庁公園内に千葉縣招魂社として創建、昭和42年亥鼻から当地へ遷座したといいます。

千葉縣護國神社
千葉縣護國神社の概要
社号 千葉縣護國神社
祭神

明治維新後日本国のために命を落とした千葉県民五万七千余柱

相殿 -
末社 -
住所 千葉市中央区弁天3-16-1
備考 旧県社



千葉縣護國神社の由緒

千葉縣護國神社は、明治11年初代県令柴原和が発起となり千葉県庁公園内に千葉縣招魂社として創建、昭和42年亥鼻から当地へ遷座したといいます。

境内石碑による千葉縣護國神社の由緒

明治天皇の思召により、明治十一年一月二十七日、初代県令柴原和が発起となり一身を捧げて国難に殉ぜられた人々の勲を永く顕彰し、そのみたまをお慰め申し上げるために千葉県庁公園内に千葉縣招魂社として創建せられたのにはじまり、爾来社地変更・御社号改称等の変遷を経て、昭和四十二年九月三十日亥鼻山から御遷座申し上げ、更に平成七年六月には御創立壹百拾五年を記念し御社殿の大修復工事の大事業を完遂しました。
昭和四十八年十月天皇皇后両陛下には、国民体育大会開会式御臨場を機に御親拝遊ばされ、同月全国身体障碍者スポーツ大会に御臨場を機に皇太子(今上天皇)同妃両殿下が御参拝遊ばされるなど創建以来皇室の御崇敬はもとより、県民遺族の変わらぬ崇敬のもとに御神徳は愈々輝き、御社頭は日毎に隆昌に赴いて居ります。(境内石碑より)


千葉縣護國神社の周辺図


大きな地図で見る