猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内 猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内
猫の足あと

巣鴨大鳥神社|文京区千石の神社

巣鴨大鳥神社の概要

巣鴨大鳥神社は、文京区千石にある大鳥神社です。巣鴨大鳥神社は、巣鴨村の新左衛門が貞享5年(1687)に稲荷社として創建、当社の旧別当寺は、時の鐘を報じていたといいます。嘉永2年(1849)子育稲荷社と改称、元治元年(1864)には境内社大鳥神社の「酉の市」が始まったといい、巣鴨大鳥神社と通称するといいます。

巣鴨大鳥神社
巣鴨大鳥神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 保食神
相殿 -
境内社 大鳥神社
住所 文京区千石4-25-15
祭日 例祭4月13日、11月酉の日
備考 -



巣鴨大鳥神社の由緒

巣鴨大鳥神社は、巣鴨村の新左衛門が貞享5年(1687)に稲荷社として創建、当社の旧別当寺は、時の鐘を報じていたといいます。嘉永2年(1849)子育稲荷社と改称、元治元年(1864)には境内社大鳥神社の「酉の市」が始まったといい、巣鴨大鳥神社と通称するといいます。

新編武蔵風土記稿による巣鴨大鳥神社の由緒

(巣鴨村)稲荷社
貞享年中村民所左衛門と云者永く社地の貢を寄附せしと云は、其以前の鎮座なりし事知らる。
末社。妙正明神。疱瘡守護の神にて、中山法華経寺境内鎮神の寫と云。
鐘楼。鐘銘に寳暦五年七月現住感誠院日通十二辰を報する為に鋳造せる由を鋳す。今に至て然り。
別當霊感院。
稲荷山と號す。法華宗小石川蓮華寺末、開山玄収院日幽、元禄九年起立し享保六年三月十七日寂す、本尊三寳四天王日蓮を安す、日蓮は六老僧日向の作と云。(新編武蔵風土記稿より)

文京区神社誌による巣鴨大鳥神社の由緒

古く貞享五年巣鴨村新左衛門なる者の勧請により巣鴨稲荷社として創祀され、のち元禄九年日蓮宗宗霊感院が別当となり、宝暦五年には時の鐘が造られて明治初年まで十二辰が報ぜられた。嘉永二年当時の霊感院大僧正大願を興し、「慈悲の手の内」なる文書を誌し「子育稲荷大明神」と改称、本殿二間四方拝殿三間四方を建立した。この頃霊験灼かなりと参詣者相継ぎ、社前の通りは繁華して「いなり横丁」また「いなり小路」と呼ばれた。
元治元年には初めて「酉の市」が立ち現在に続いている。上地以前の境内は広く一八〇〇坪を有し、社殿等の結構も整備していた。(文京区神社誌より)


巣鴨大鳥神社の周辺図


大きな地図で見る

ブック・ナビ 決算申告駆け込みセンター

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット