猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

日ノ出神社|足立区日ノ出町の神社

日ノ出神社の概要

日ノ出神社は、現荒川底の地域にあった稲荷神社を起源とし、弥五郎新田稲荷神社(西ノ宮稲荷神社)へ合祀後、昭和28年に分社して勧請されました。

日ノ出神社
日ノ出神社の概要
社号 日ノ出神社
祭神 倉稲魂神
相殿 -
境内社 -
住所 足立区日ノ出町37
備考 弥五郎新田稲荷神社(西ノ宮稲荷神社)の分社



日ノ出神社の由緒

当社は稲荷大明神なる五穀をつかさどる倉稲魂神(素盞雄尊の御子)をお祀りしてあります。
昔からこの辺一帯を弥五郎新田と称されていたが、明治44年、荒川放水路の開設工事が起工されるにあたり、その計画線内に在って、川底に水没する筈の稲荷神社を、時の弥五郎新田戸長、大塚孫左氏が、村民の総意によって五反野の稲荷神社(足立区足立3丁目、西ノ宮稲荷神社)に合祀し、後にこの分れの神社として現在の場所(日ノ出町)へ祀られたものであります。
戦前迄は五反野稲荷の支社として祭事が行われてきたが、戦時は時の流れから神事など一時すたれていたものを昭和28年に至り、総代新井竜祐氏等が相はかり、氏子一同の寄付金によって社殿の改修を行い、神輿も新調され、祭礼が行われました。
これを機に、五反野の親宮から分離独立致し、爾来元宮としての日ノ出神社と称する事になった次第であります。(日ノ出町自治会)


日ノ出神社の周辺図


大きな地図で見る