猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

慈眼寺。横浜市都筑区中川にある真言宗豊山派寺院

慈眼寺の概要

真言宗豊山派寺院の慈眼寺は、青蓮山福聚院と号します。慈眼寺は、元亀2年(1571)に起立、僧浄海が開山したといい、かつては大徳寺と号していたといいます。都筑橘樹十二薬師霊場9番です。

慈眼寺
慈眼寺の概要
山号 青蓮山
院号 福聚院
寺号 慈眼寺
住所 横浜市都筑区中川7-7-8
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



慈眼寺の縁起

慈眼寺は、元亀2年(1571)に起立、僧浄海が開山したといい、かつては大徳寺と号していたといいます。

新編武蔵風土記稿による慈眼寺の縁起

(大棚村)慈眼寺
見捨地、一段五畝ばかり、字堂谷戸にあり、新義真言宗、王禅寺村王禅寺末、福聚院青蓮山と號す、元亀二年八月の起立にして、開山僧浄海寂年を傳へず、本尊聖観音立像にして、長三尺五寸許、客殿六間に五間西南の向なり、この寺は元大徳寺とて、其頃は後の方谷戸にあり、昔は庵室にてもありしにや、永禄年中火災にかかり、其後今のところへ移せりと云。
浄海塚。境内の丘上にあり、一坪ばかりの處なり、供養の爲に當寺の開山経文を埋めし跡なりと云。(新編武蔵風土記稿より)


慈眼寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿



葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット