猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

折本淡島社|横浜市都筑区折本町の神社

折本淡島社の概要

折本淡島社は、横浜市都筑区折本町にある神社です。折本淡島社の創建年代等は不詳ながら、天和、貞享年間(1681-1687)に村人が淡島大神に祈って病気平癒したと伝えられるといいます。

折本淡島社
折本淡島社の概要
社号 淡島社
祭神 神功皇后、少名彦命
相殿 -
境内社 -
住所 横浜市都筑区折本町1458
祭日 3月3日
備考 -



折本淡島社の由緒

折本淡島社の創建年代等は不詳ながら、天和、貞享年間(1681-1687)に村人が淡島大神に祈って病気平癒したと伝えられるといいます。

新編武蔵風土記稿による折本淡島社の由緒

(池邊村)淡島社
地頭除、四段許、村の中央にあり、上屋四間に七間、内に小祠を置南向なり、神體は尋常の形にて四寸ばかりの坐像なり、社前に石階數級ありて石の鳥居を立、例祭年々二月三日、縁起もあれど證とすべきものとも見えざれば略す、村民の持なり。
末社
稲荷社。本社に向て左にあり。
天王社。本社より東の方にあり。 (新編武蔵風土記稿より)

神奈川県神社誌による折本淡島社の由緒

天和、貞享年中里人淡島大神に祈りて病を治すと伝う。また、宝永、正徳年中桜樹繁りて社殿を覆うと伝え、寛保二年里人英至という者、村守松下状網の助を蒙り社殿を新築すと伝う。(神奈川県神社誌より)


折本淡島社の周辺図