猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

龍泉寺。横浜市鶴見区岸谷にある高野山真言宗寺院

龍泉寺の概要

高野山真言宗寺院の龍泉寺は、生麦山無動院と号します。龍泉寺の創建年代は不詳ですが、龍泉寺二世本誉文覚が永正7年(1510)に入寂、第十世一智本覚が元亀2年(1571)に入寂といい、また過去帳にも明応3年(1494)前後の記録が残されていたことから1500年前後に浄土宗寺院として創建したものと推定されます。東海三十三観音霊場8番、玉川八十八ヶ所霊場9番、東国八十八ヵ所霊場15番です。

龍泉寺
龍泉寺の概要
山号 生麦山
院号 無動院
寺号 龍泉寺
住所 横浜市鶴見区岸谷4-3-2
宗派 高野山真言宗
葬儀・墓地 -
備考 -



龍泉寺の縁起

龍泉寺の創建年代は不詳ですが、龍泉寺二世本誉文覚が永正7年(1510)に入寂、第十世一智本覚が元亀2年(1571)に入寂といい、また過去帳にも明応3年(1494)前後の記録が残されていたことから1500年前後に浄土宗寺院として創建したものと推定されます。

新編武蔵風土記稿による龍泉寺の縁起

龍泉寺
海道の西の方にあり。古義真言宗同郡鳥山村三會寺末にて生麦山無動院と号す。開山詳ならず。二世は本誉文覚永正7年11月朔日寂す。この余にも第10世一智本覚元亀2年9月23日示寂すなどいへば、この頃までも浄土宗なりしにや。されど寺僧はこのことを云はず。客殿8間半に6間半巽向、本尊不動立像長3尺ばかりなるを安置す。過去帳に春岳正晴信士明応3年3月23日生麦太郎兵衛姉聟とあり。此余同じ頃の人を載す。明応は永正と同時なればもし此人など基を開きしにや。
杉山明神神輿堂。境内右の方にあり。9尺に2間。此寺杉山明神の別当にて、すでに前に出せる本地佛の字字書たるものおよび棟札等を爰に蔵す。(新編武蔵風土記稿より)


龍泉寺の周辺図


大きな地図で見る

本日休館