猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

安養寺。横浜市鶴見区岸谷にある浄土宗寺院

安養寺の概要

浄土宗寺院の安養寺は、一到山弥陀院と号します。僧慶誉(明応9年1500年寂)が開山したといいます。鶴見七福神の弁財天です。

安養寺
安養寺の概要
山号 一到山
院号 弥陀院
寺号 安養寺
住所 横浜市鶴見区岸谷1-22-12
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



安養寺の縁起

安養寺は、僧慶誉(明応9年1500年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による安養寺の縁起

安養寺
字峰と云所にあり。海道の末右の方へ3丁40間余引込て山の下なり。浄土宗にて神奈川宿慶運寺末、一到山弥陀院と号す。開山は慶誉といふ。明応9年7月7日寂す。客殿6間四方、本尊三尊の弥陀長2尺許なるを安置す。中の像は弘法大師の作なりと云。左右の像は詳ならず。当寺は中古江戸芝増上寺より堂宇を再興して、松道と云僧を住職とせり。此時寺は同郡東子安村にありしと云。されど今東子安村にては土人此ことを傳へず。且此所へ移りし年代も詳ならず。
弁財天社。客殿に向ひ左の方にあり。3間に2間東向。神体は立像にて1尺許なるを安置す。弘法大師の作と云傳ふ
山王祠。弁天社の並にあり、東向小祠。(新編武蔵風土記稿より)


安養寺の周辺図


大きな地図で見る

本日休館