猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

東耀山圓大院。横浜市中区大平町にある日蓮宗寺院

東耀山圓大院の概要

日蓮宗寺院の圓大院は、東耀山と号します。圓大院は、鎌倉本覺寺の開山一乘院日出上人が鎌倉に圓大院と称して創始、明治21年根岸に移転したといいます。

圓大院
圓大院の概要
山号 東耀山
院号 -
寺号 圓大院
住所 横浜市中区大平町90
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



東耀山圓大院の縁起

圓大院は、鎌倉本覺寺の開山一乘院日出上人が鎌倉に圓大院と称して創始、明治21年根岸に移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による東耀山圓大院の縁起

江戸期武蔵国内になかったため掲載なし(新編武蔵風土記稿より)

「横浜市史稿 佛寺編」による東耀山圓大院の縁起

圓大院
位置及寺格
圓大院は、東耀山と號し、中區根岸町字猿田千五百十四番地にある。境内は二百七十五坪。民有地。鎌倉東身延本覺寺の末寺で、寺格は平僧六等である。
沿革
寺傳に據れば、鎌倉本覺寺の開山一乘院日出上人、同寺を創立歸宗の際、歸宗の徒、圓大日種なる寺傍に、一宇を草創し、圓大院と號した。これが當寺の前身であるといふ。新編相模國風土記小町村の條に、圓大院の所見はない。明治二十五年十一月十一日、大貫宣良、本願となり、當市根岸町字西之丸三千百五十六番地に移し、同三十九年十二月、住職神部宣忠、寺門興隆の爲め、再び寺地の移轉を企圖し現境内を拓いて、伽藍を建築し、同四十一年三月、全く移轉を了した。大正十二年九月一日の大震災に、堂宇が倒潰した。今の本堂は、大正十四年五月、改築を經たものである。
本尊
本尊は釋迦牟尼佛・日蓮大菩薩である。
堂宇
今の堂宇は、本堂桁行六間、梁間六間。内陣二間半に一間半、入母屋造、亞沿葺、向拜唐破風。・庫裡桁行六間半、梁間六間、入母屋造、亞沿葺。・附屬屋一間半に二間。・離座敷一間半に二間、亞沿葺。・表門瓦葺。等である。
境内佛堂
境内佛堂、淨行堂。本尊は淨行菩薩。堂宇は八尺に九尺の瓦葺である(「横浜市史稿 佛寺編」より)


東耀山圓大院の周辺図

参考資料
  • 「横浜市史稿 佛寺編」



葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット