猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

新天地桜会稲荷神社|横浜市西区南浅間町の神社

新天地桜会稲荷神社の概要

新天地桜会稲荷神社は、横浜市西区南浅間町にある稲荷神社です。新天地桜会稲荷神社和七年、横浜港沿岸荷役の総請負人佐藤染五郎が中心となって、芦野であった地を埋め立て、同年七月十五日稲荷社を(浅間町公益質舗前の地に)勧請、昭和31年当地へ遷座したといいます。

新天地桜会稲荷神社
新天地桜会稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 -
住所 横浜市西区南浅間町20-14
祭日 -
備考 -



新天地桜会稲荷神社の由緒

新天地桜会稲荷神社和七年、横浜港沿岸荷役の総請負人佐藤染五郎が中心となって、芦野であった地を埋め立て、同年七月十五日稲荷社を(浅間町公益質舗前の地に)勧請、昭和31年当地へ遷座したといいます。

「横浜西区史」による新天地桜会稲荷神社の由緒

新天地桜会稲荷神社
南浅間町二〇-一四。責任役員佐藤和夫。祭神倉稲魂命。昭和七年、横浜港沿岸荷役の総請負人佐藤染五郎が中心となって、芦野であった地を埋め立て、同年七月十五日稲荷社を勧請した。昭和三十年一月、旧位置の浅間町公益質舗前から現在地に移転。当社玉垣には、当時費用を寄進した新天地カフエー組合の各カフエーの名が刻まれている。(「横浜西区史」より)


新天地桜会稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る