猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

北方皇大神宮|横浜市中区西之谷町の神社

北方皇大神宮の概要

北方皇大神宮は、横浜市中区西之谷町にある皇大神宮です。北方皇大神宮は、天永年間(1110-1112)中区北方村字泉に創建、伊勢山と呼ばれたといいます。幕末に外国人居留地となったことから当地へ遷座、大正8年には神饌幣帛料供進神社に指定されたといいます。

北方皇大神宮
北方皇大神宮の概要
社号 皇大神宮
祭神 天照皇大神
相殿 -
境内社 福徳稲荷神社
住所 横浜市中区西之谷町73
祭日 例大祭8月14日
備考 -



北方皇大神宮の由緒

北方皇大神宮は、天永年間(1110-1112)中区北方村字泉に創建、伊勢山と呼ばれたといいます。幕末に外国人居留地となったことから当地へ遷座、大正8年には神饌幣帛料供進神社に指定されたといいます。

新編武蔵風土記稿による北方皇大神宮の由緒

(北方村)太神宮
除地、五段、村の中程なり、東漸寺の持。 (新編武蔵風土記稿より)

神奈川県神社誌による北方皇大神宮の由緒

当社は、天永年間(一一一〇-一一一二)に中区北方村字泉の地に創立、里俗伊勢山と号した。慶応年中、外国人居留地となったので、現在地に遷座、大正八年九月九日神饌幣帛料供進神社に指定せられた。(神奈川県神社誌より)


北方皇大神宮の周辺図