猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

萬蔵寺。横浜市緑区上山にある高野山真言宗寺院

萬蔵寺の概要

高野山真言宗寺院の萬蔵寺は、光照山と号します。萬蔵寺の創建年代等は不詳ながら、文禄元年(1593)から住職をつとめていた法蔵法印が中興したといいます。相寅歳薬師如来霊場4番です。

萬蔵寺
萬蔵寺の概要
山号 光照山
院号 -
寺号 萬蔵寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 横浜市緑区上山2-15-2
宗派 高野山真言宗
葬儀・墓地 -
備考 -



萬蔵寺の縁起

萬蔵寺の創建年代等は不詳ながら、文禄元年(1593)から住職をつとめていた法蔵法印が中興したといいます。

新編武蔵風土記稿による萬蔵寺の縁起

(猿山村)萬蔵寺
除地、二段三畝、村の西にあり、古義真言宗にてこれも本寺前(橘樹郡鳥山村三會寺末)にをなじ光照山と號す、開山詳かならず、過去帳に中興法蔵法印、文禄元年より住職と載たれば、それよりさきに開けし事しるべし、本尊彌陀坐像長七寸許、客殿三間四方東に向ふ。
地蔵堂。境内入口の左にあり、此堂古へは村の東にありしを、近き頃この地へ移せしといふ、既にも元の地は今も除地にして六畝十四歩あり、堂は二間に三間半、東向なり、本尊坐像にて四尺、その餘一尺二寸の像及び六寸ばかりの像百體を安せしが、今は客殿にうつせり。(新編武蔵風土記稿より)


萬蔵寺の周辺図


参考資料
  • 新編武蔵風土記稿



葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット