猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

寳塔院。横浜市緑区白山にある高野山真言宗寺院

寳塔院の概要

高野山真言宗寺院の寳塔院は、高猿山と号します。寳塔院の創建年代等は不詳ながら、かつては字堂山にあったといいます。その後当地へ移転、正徳年間(1711-1715)に堂宇を建立した祐圓を中興とするといいます。旧小机領三十三所子歳観音霊場31番、相寅歳薬師如来霊場6番です。

寳塔院
寳塔院の概要
山号 高猿山
院号 寳塔院
寺号 -
本尊 大日如来像
住所 横浜市緑区白山2-35-12
宗派 高野山真言宗
葬儀・墓地 -
備考 -



寳塔院の縁起

寳塔院の創建年代等は不詳ながら、かつては字堂山にあったといいます。その後当地へ移転、正徳年間(1711-1715)に堂宇を建立した祐圓を中興とするといいます。

新編武蔵風土記稿による寳塔院の縁起

(猿山村)寶塔院
除地、二段三畝二十歩、外に三町一段七歩山あり、又観音堂除地八段九畝七歩、村の巽にあり、古義真言宗、橘樹郡鳥山村三會寺末、高(一作弘)猿山と號す、當寺もとは字胴山にありしを、何のころにや此地へ移せりといふ、開山詳ならず、其後祐圓といへる僧、正徳年中堂宇を建立せしかば、此僧を中興開山とせり、本尊大日坐像長七寸許なるを安置す、客殿六間に五間坤に向ふ。
観音堂。客殿に向て左にあり、三間に三間半、本尊は立像にして長二尺、堂のまへ右の方に石階數級あり。(新編武蔵風土記稿より)


寳塔院の周辺図


参考資料
  • 新編武蔵風土記稿



葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット