猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

妙蓮寺。横浜市港北区菊名にある日蓮宗寺院

妙蓮寺の概要

日蓮宗寺院の妙蓮寺は、瑞雲山本覚院と号します。妙蓮寺は、神奈川区新明町にあった長光山大経院妙仙寺と、当地にあった浄寿山蓮光寺が明治41年合併開山、其々の寺号を一字ずつ取り妙蓮寺と号したといいます。長光山大経院妙仙寺は、池上本門寺第三世大経阿闍梨日輪が観應元年(1350)に創建、江戸時代には寺領5石の御朱印状を拝領したという名刹でしたが、横浜鉄道臨港線引き込みに際して移転、移転先の浄寿山蓮光寺と合寺したといいます。

妙蓮寺
妙蓮寺の概要
山号 瑞雲山
院号 本覚院
寺号 妙蓮寺
住所 横浜市港北区菊名2-1-5
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 妙蓮寺斎場を解放
備考 -



妙蓮寺の縁起

妙蓮寺は、神奈川区新明町にあった長光山大経院妙仙寺と、当地にあった浄寿山蓮光寺が明治41年合併開山、其々の寺号を一字ずつ取り妙蓮寺と号したといいます。長光山大経院妙仙寺は、池上本門寺第三世大経阿闍梨日輪が観應元年(1350)に創建、江戸時代には寺領5石の御朱印状を拝領したという名刹でしたが、横浜鉄道臨港線引き込みに際して移転、移転先の浄寿山蓮光寺と合寺したといいます。

境内石碑による妙蓮寺の縁起

妙蓮寺縁起
当山派、日蓮宗大本山池上本門寺の末寺で、長光山妙蓮寺と言う。お祀りする日蓮聖人のご尊像は、池上本門寺第二祖日朗上人の九鳳の一人、日像上人の作である。
当山の前身は観応元年開山大経院妙仙寺であり、今の横浜市神奈川区新明町にあったが、明治四十一年横浜鉄道臨港線引き込み線敷設に際して止むなく移転となり、当時の住職第四十一世慈性院日體上人は池上本門寺の末寺浄寿山蓮光寺を移転先に選んだ。
蓮光寺は天正年間正乗院日運上人が池上本門寺第十二世日惺上人を請じて開山とし、自らは第二世となり創設した寺院である。そして両山は明治四十一年八月八日この地に合併開山し、妙仙寺の「妙」と蓮光寺の「蓮」を合わせて「妙蓮寺」と改め日體上人が第一世となった。
妙蓮寺第二世慈開院日偉上人は、大正十五年東京横浜電鉄の開通による境内の軌道敷設に快諾し、妙蓮寺境内を無償で提供する。ここに妙蓮寺駅ができ、付近一帯の発展に寄与した。
昭和四十四年、妙蓮寺第三世慈篤院日仙上人は、宗祖御降誕七五〇年を記念し、五年の歳月をかけて現在の本堂と客殿を完成し、その後、庫裏、客殿を増築した。
平成二十年、当山現住職第四世日英は境内整備墓地区画整理を完了し現在に至る。(境内石碑より)

新編武蔵風土記稿による妙仙寺の縁起

(神奈川町西の町)妙仙寺
東光寺の後にあり、寺領五石の御朱印を賜はれり、日蓮宗荏原郡池上本門寺末、長光山大経院と號す、本山は第三世大経阿闍梨日輪観應元年起立する所なり、本堂六間半に五間巽向なり、本尊は宗祖日蓮の像なり、縁起の略に云、當寺に安置する所の高祖の像は九老僧日像の作なり、當時波木井の一族伊豆國より此地に移り住しけるに、波木井善太郎と云者あり、世にまれなる信者にて、毎朝池上の祖師堂へ参詣すること数年に及べども一日も怠らず、時の貫主日輪日々誦経の次に見知りたりしかば、或時善太郎に向ひてかたりけるは、汝は堅固の信者とみゆれば、大事を託せんとす、予が同胞の音うろ日豫と云ものあり、祖師在世の頃は十歳許の小童なりしが、黒髪をなでなで四句の要法を授け都にのぼり、法を弘めよろ命ぜられしが、今はかの総國平賀にありて病床に臥し、頻に日像に対面せんと乞へり、汝是より京に登り日像に尋逢ひ此旨をつたへば日々登山の功にをとるべからずと、善太郎けかひて即時に発足し、都に至り、一條戻橋邊にしてはからず日像に逢ひ、件の趣を通じ師の書簡を達せり、日像涙をながして云、今我弘通なかばにして捨て下りなば、忽都鄙ともに題目の聲たへん、しかのみならず權門の誹謗いかがあらんと、ひたすらに嗟嘆し笈の内より一體の祖師の像を出し、これ我不惜身命のはじめ自ら離刻して、竟夕宗弘のことを祈誓する本尊なり、汝是を関東へ守護し帰て輪公に見えて、老母此像に向ひ今又生身の高祖を拝し、我に対面のおもひをなし給へとまうせとて情なく立わかれぬ、善太郎は夢さめしここちして謗法充満の中を恐れ、この像を皮籠にいれ負て池上へ下りぬ、その後日輪當寺を建立して自ら此経難持の文を寫し、像の内へ納めて當寺へ安置せり、この餘日像自筆の神力及び勧請の板札ありと云々、
稲荷社。門を入て右にあり、わづかなる祠なり。
日調石像堂。同あたりにあり、日調は本山第二十世の住持なり、はじめ當寺へ住職せしこともありしにや。(新編武蔵風土記稿より)

新編武蔵風土記稿による蓮光寺の縁起

(菊名村)蓮光寺
村の南にあり、浄寿山と號す日蓮宗荏原郡池上本門寺の末、日運という僧此地を草創し慶安元年六月六日に寂せりされど日運開山の任に居らず、本門寺十二世日惺を請て開山となし己は第二世となれり、客殿五間半に四間、本尊三寶を置り。
七面堂。門を入て右にあり二間四方。(新編武蔵風土記稿より)


妙蓮寺の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 新編武蔵風土記稿



葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット