猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

東光寺。横浜市保土ケ谷区上星川にある曹洞宗寺院

東光寺の概要

曹洞宗寺院の東光寺は、薬王山と号します。東光寺は、正福院前住第二世堯室春公和尚(正保2年1646年寂)を開基として、小机雲松院第二十八世明岩宗珠大和尚(寛永8年1631年寂)が開山したといいます。武南十二薬師如来霊場3番です。

東光寺
東光寺の概要
山号 薬王山
院号 -
寺号 東光寺
本尊 薬師如来像
住所 横浜市保土ケ谷区上星川2-34-1
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



東光寺の縁起

東光寺は、正福院前住第二世堯室春公和尚(正保2年1646年寂)を開基として、小机雲松院第二十八世明岩宗珠大和尚(寛永8年1631年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による東光寺の縁起

(上星川村)東光寺
除地、一段六畝、村の艮の方にあり、禅宗曹洞派、橘樹郡小机村雲松院末、薬王山と稱す、開山は堯室宗舜正保二年六月朔日寂す、客殿六間半に五間西南の方に向ふ、本尊薬師坐像にして長さ一尺八寸ばかり、行基の作なりと云。(新編武蔵風土記稿より)

「横浜市史稿」による東光寺の縁起

東光寺
位置及寺格
東光寺は、藥王山と號し、保土ヶ谷區上星川町五百二十六番地に在る。境内は二百九坪。小机雲松院の末で、寺格は四等法地六十三級。神奈川十二藥師の第三番札所である。
沿革
開基は同所佛向村正福院前住第二世堯室春公和尙。開山は小机雲松院第二十八世明岩宗珠大和尙である。創立年代は詳かでないが、開基は正保二年六月寂し、開山は寬永八年正月五日寂すと云へば、時代は略〻推定されると思ふ。當寺は元來、無祿無檀に均しく、一定の維持費とては無かつたので、殆ど無住で荒廢に任せて在つたが、明治年間、孝天正順和尙住持し、信徒の歸依を得たので、乃ち荒廢を興し、寺格をも平僧地から法地に進めて、中興の業を奏した。爾來檀家の數も增して今日あるに至つた。
本尊
本尊は藥師如來坐像、細鉞木彫、長二尺、傳に行基の作である。(「横浜市史稿」より)


東光寺の周辺図


参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「横浜市史稿」


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット