猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

星川杉山神社|横浜市保土ケ谷区星川の神社

星川杉山神社の概要

星川杉山神社は、横浜市保土ケ谷区星川にある杉山神社です。星川杉山神社の創建年代等は不詳ながら、延喜式内社の杉山社が当社ではないかともいい、江戸期には下星川村の鎮守社でした。

星川杉山神社
星川杉山神社の概要
社号 杉山神社
祭神 日本武尊
相殿 -
境内社 伏見稲荷社
住所 横浜市保土ケ谷区星川1-19-1
祭日 例大祭9月18日
備考 -



星川杉山神社の由緒

星川杉山神社の創建年代等は不詳ながら、延喜式内社の杉山社が当社ではないかともいい、江戸期には下星川村の鎮守社でした。

新編武蔵風土記稿による星川杉山神社の由緒

(下星川村)
杉山社
村の中央にあり、社地は小山にして松杉の古木繁茂せり、山を登ること凡三十間ばかりにして上に社あり、二間四方許りなり、本地釋迦にして一尺六寸の立像なり、拝殿二間に三間、前に鳥居をたつ、すべて巽に向へり、村内法性寺持。(新編武蔵風土記稿より)

「神奈川県神社誌」による星川杉山神社の由緒

江戸名所図会には「延喜式内社にして霊蹤尤も掲然たり、今は日蓮宗法性寺といへるより兼帯奉祀して、釈迦如来を本地仏とせり」と記している。縁起式神名帳に「都築郡杉山神社」とあり、又続日本後記に「承和五年二月庚戌、武蔵国都築郡枌山神社、預之官幣、以霊験」「同十五年五月庚辰、奉授武蔵国旡位杉山名神従五位下」等とあるのを、古来当社なりとする説もある。
[伝説]「棟木の怪談」昔当社境内の杉の木を伐り、江戸に運んで芝居小屋の棟木に使用したところ、屋鳴り震動等の怪談相次ぎ、遂に初日の幕を開くことが出来なかったという。(「神奈川県神社誌」より)


星川杉山神社の周辺図


参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「神奈川県神社誌」