猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

神鳥前川神社|横浜市青葉区しらとり台の神社

神鳥前川神社の概要

神鳥前川神社は、横浜市青葉区しらとり台にある神社です。神鳥前川神社は、桝形城主稲毛三郎重成が文治元年(1185)に創建、白鳥前川神社を称していたといいます。いつしか白鳥を神鳥と書くようになったといい、明治43年に神明社を合祀したといいます。

神鳥前川神社
神鳥前川神社の概要
社号 神鳥前川神社
祭神 日本武尊、弟橘姫尊
相殿 伊弉諾尊、伊弉冊尊
境内社 -
住所 横浜市青葉区しらとり台61-12
祭日 例大祭10月9日
備考 -



神鳥前川神社の由緒

神鳥前川神社は、桝形城主稲毛三郎重成が文治元年(1185)に創建、白鳥前川神社を称していたといいます。いつしか白鳥を神鳥と書くようになったといい、明治43年に神明社を合祀したといいます。

新編武蔵風土記稿による神鳥前川神社の由緒

(恩田村)
神鳥前川合社
見捨地、五段許、村の東にあり、石階數級を登りて丘上に社あり、二間半に五間西向なり、社前に鳥居をたつ、例祭は九月にて其日を定めず、神鳥前川と云は、祭神は詳ならざれど、神體は不動にて秘物なりと云、本社の左りの方に宮守の庵を置く、四間に二間ばかり、萬福寺の持。
末社天王社。本社に向ひて右の方にあり。
神明社
見捨地、三段許、村の東の方にあり、南向なり。(新編武蔵風土記稿より)

「神奈川県神社誌」による神鳥前川神社の由緒

文治元年(一一八五)三月、武蔵国桝形城主稲毛三郎重成の創建であり、白鳥前川社と称したが、何時の頃よりか白鳥を転じ神鳥と書き、之を「シトト」又は「シトトリ」と呼び今日に及んでいる。明治四十三年十二月二十三日、無格社神明社(祭神伊弉諾尊、伊弉冊尊)を合祀した。(「神奈川県神社誌」より)


神鳥前川神社の周辺図


関連資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 神奈川県神社誌