猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内 猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内
猫の足あと

本妙寺|豊島区巣鴨にある法華宗陣門流寺院

本妙寺の概要

法華宗陣門流寺院の本妙寺は、徳栄山総持院と号し、法華宗陣門流総本山本成寺の別院です。元亀2年(1571)駿府に創建、天正18年(1590)江戸清水御門内に移転、その後幾度か移転を繰り返しました。明暦3年(1657)の大火の火元として有名です。明治44年、本郷から当地へ移転しました。

本妙寺
総持院の概要
山号 徳栄山
院号 総持院
寺号 本妙寺
住所 豊島区巣鴨5-35-6
本尊 木造日蓮聖人坐像
宗派 法華宗陣門流
葬儀・墓地 -
備考 総本山本成寺別院



本妙寺の縁起

本妙寺は、元亀2年(1571)駿府に創建、天正18年(1590)江戸清水御門内に移転、その後幾度か移転を繰り返しました。明暦3年(1657)の大火の火元として有名です。明治44年、本郷から当地へ移転しました。

「豊島の寺院」による本妙寺の縁起

元亀2年(1571)駿府に創立。天正18年(1590)江戸に移転、清水御門内に堂宇を建立したが、徳川家康の江戸築城にあたり替地を飯田橋に賜る。牛込・小石川を転々とし、寛永13年(1636)4代目日円上人の代に本郷丸山に移る。6代目日浄上人の明暦3年(1657)振袖火事の火元として本堂・庫裡・宝物など悉く焼失、享保年間にも火災をおこし、一山全焼。その後再建され本郷にあったが明治44年(1911)12月本郷区菊坂町82より巣鴨村大字巣鴨字庚申塚25へ移転。戦災により全焼。(「豊島の寺院」より)


本妙寺所蔵の文化財

  • 明暦三年大火供養塔
  • 関宿藩主久世大和守歴代の墓
  • 江戸後期の北町奉行、遠山金四郎景元墓(東京都指定旧跡)
  • 江戸後期の剣聖、千葉周作墓
  • 囲碁家元本因坊歴代の墓
  • 棋聖天野宗歩墓
  • 日本最初の通訳、森本多吉郎墓

遠山金四郎景元墓

遠山景元は、江戸時代後期の幕臣で寛政5年(1793)遠山景普の子として生まれた。
文化6年(1809)金四郎と改名し、文政12年(1829)家督を相続、天保7年(1836)左衛門尉を許され、作事奉行、勘定奉行を経て天保11年(1840)3月町奉行(北)に任ぜられた。翌年から老中水野忠邦による天保改革が始まったが、その進行中の天保14年(1843)町奉行を罷免され、大目付に異動させられた。弘化2年(1845)町奉行(南)に復帰し、嘉永5年(1852)3月まで7年間にわたり勤役した。下情に通じた江戸時代屈指の名奉行といわれ、遠山の金さんとして様々な伝説がある。江戸歌舞伎三座取りつぶし策を、浅草の外れに移転させて存続させたのも遠山町奉行といわれている。隠居後は剃髪して帰雲と号し、市井に身をひそめて悠々自適の生活を送ったが安政2年(1855)2月29日61歳で病死した。法名帰雲院殿従五位下前金吾校遷日享大居士。明暦の大火(1657)の火元となったことでも知られる、本郷丸山の徳栄山本妙寺に葬られたが、本妙寺が明治44年この地に移転した時に改葬された。(東京都教育委員会掲示より)

本妙寺の周辺図


大きな地図で見る