猫の足あとによる立川市・昭島市の寺院、神社など立川市・昭島市の寺社案内 猫の足あとによる立川市・昭島市の寺院、神社など立川市・昭島市の寺社案内
猫の足あと

中神日枝神社|昭島市中神町の神社

中神日枝神社の概要

中神日枝神社は、昭島市中神町にある神社です。中神日枝神社の創建年代等は不詳ながら、中神熊野神社よりも古い創建で、当社が中神村の鎮守社だったと伝えられるといいます。

中神日枝神社
中神日枝神社の概要
社号 日枝神社
祭神 大山咋命
相殿 -
境内社 日枝神社
住所 昭島市中神町2-1-12
祭日 8月第三日曜日
備考 -



中神日枝神社の由緒

中神日枝神社の創建年代等は不詳ながら、中神熊野神社よりも古い創建で、当社が中神村の鎮守社だったと伝えられるといいます。

新編武蔵風土記稿による中神日枝神社の由緒

(中神村)山王社
社地除、五畝、一間半に二間の覆屋、熊野社より一丁程東にあり、是を下ノ宮と稱す、上総(吉田派の神職宮崎上総)の持。(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による中神日枝神社の由緒

縁起創建は詳かではないが、伝えによると鎮守熊野神社より以前のものと伝わる。明治三十四年六月十二日、神社明細帳編入の許可を得た。(東京都神社名鑑より)

「昭島市史」による中神日枝神社の由緒

日吉神社(中神町)
中神の熊野神社が勧請される以前は、この日吉神社が中神の鎮守であったという伝承があるが、詳細については不明である。境内は二六七・三平方メートルの小祠で、明治三四年六月一二日『神社明細帳』に熊野神社に奉納される獅子舞が、日吉神社に立寄る慣習があることからすれば、もともとは、中神の鎮守として奉斉されていた神社であろう。通称「山王様」と呼ばれている。(「昭島市史」より)


中神日枝神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑
  • 「昭島市史」