猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

金賜山東禅寺|青梅市新町にある臨済宗建長寺派寺院

東禅寺の概要

臨済宗建長寺派寺院の東禅寺は、金賜山と号します。東禅寺は、吉野織部之助が新町村開拓に際して、羽村一峰院から秋岩和尚を招いて元和2年(1616)(新編武蔵風土記稿では慶長19年1614年)に開創、建長寺28世覚海禅師を勧請開山としたといいます。

東禅寺
東禅寺の概要
山号 金賜山
院号 -
寺号 東禅寺
住所 青梅市新町2-20-10
宗派 臨済宗建長寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



東禅寺の縁起

東禅寺は、吉野織部之助が新町村開拓に際して、羽村一峰院から秋岩和尚を招いて元和2年(1616)(新編武蔵風土記稿では慶長19年1614年)に開創、建長寺28世覚海禅師を勧請開山としたといいます。

新編武蔵風土記稿による東禅寺の縁起

(新町村)東禅寺
境内除地一町六段七畝二十八歩、禅宗臨済派、鎌倉建長寺末、金賜山と號す、本堂舊間半に五間半南向、本尊正観音は坐像の銭佛なり、長一尺餘、弘法の作と云、開山秋巌、開基は吉野織部共に卒年を傳へざれど、この寺を草創せしは慶長十九年なるよしを云。
表門。四趾の造りなり、別に又通用の門あり。
鐘楼。八尺四方鐘は近来の鑄造なり。
薬師堂。二間餘四方、本堂より南に當り路を隔たり、ここも除地の内なり、長一尺餘の木像を安す、傍に庵一宇あり、留守の僧これに居る。
山王祠。小社、是又除地の内にあり。(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による東禅寺の縁起

東禅寺 (金錫山) 
新町にあり、本尊は関東十三鉄仏の一体といわれる聖観音立像である。元和二年(一六一六)吉野織部之助が新町村開拓の時、羽村一峰院から秋岩和尚を招き開創したが、建長寺二十八世覚海禅師を勧請開山とし、建長寺未となった。本堂は昭和三十二年の改築であり、庫裡は平成元年、客殿は同二年、あわせて境内の整備も行われた。境内に明治五年廃宗廃寺となった鈴法寺の薬師堂が移築され、本堂に掲げる 「武叢禅林」 の木額も同じく鈴法寺の遺品で、これは市有形文化財に指定されている。(「青梅市史」より)


東禅寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」