猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

成田山清宝院|青梅市大柳町にある真言宗系単立寺院

清宝院の概要

真言宗系単立寺院の清宝院は、成田山と号します。清宝院の開基などについては不詳ながら、晴山法印(安永4年1775年寂)の後に弘化4年(1847)玄海と続き、鑁盛法印が明治12年(1879)当地へ移転再建したといいます。青梅七福神の恵比寿尊です。

清宝院
清宝院の概要
山号 成田山
院号 清宝院
寺号 -
住所 青梅市大柳町1203
宗派 真言宗系単立
葬儀・墓地 -
備考 -



清宝院の縁起

清宝院の開基などについては不詳ながら、晴山法印(安永4年1775年寂)の後に弘化4年(1847)玄海と続き、鑁盛法印が明治12年(1879)当地へ移転再建したといいます。

新編武蔵風土記稿による清宝院の縁起

-(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による清宝院の縁起

清宝院 (青柳山)
青梅・大柳にあり、本尊は不動明王である。京都・醍醐寺三宝院末の当山派修験である。開基創建は詳らかでないが、安永四年(一七七五)晴山法印示寂の後、弘化四年(一八四七)玄海が住し、明治十二年(一八七九)十月鑁盛法印により、もと府道わきにあったのを現在地に移し、本堂、山門などを再建した。近年はとくに正月、七福神詣で賑わう。蛭子神が祀られている。(「青梅市史」より)


清宝院の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」